2012年10月14日

不幸な人が1人

atiga_15_1.jpg

羊はネトウヨ

TVのコメンテイターの精神科医さん曰く
自身の不遇を政治などのせいにするのは病気だそうですよw
強烈なインパクトだっただけに、これで出番終了かと思うと残念な限りです

atiga_15_2.jpg

かと思えば、哩と鶴姫の縛りプレイ!
能力がリンクするなんて、他の百合カップルでも無い現象です
ガチ以上の関係だということか。
夜々2人でナニやってるんですかね?
3飜で3箇所の縛りが発生するとしたら、役満だと亀甲縛りとかやりそうだw
麻雀以外でも日常でリンクしてるんだろうなぁ
哩が美味しいもの食べたら鶴姫もほっこりしたり
哩が一人でモゾモゾしたら鶴姫もビクンッビクンッ(これ以上は薄い本へどうぞ)

それにしても、超ポジティブ、ネトウヨ、縛りプレイ。
新道寺って何気にヤバイな・・・
次鋒の安河内さんだけが普通の人、
一癖も二癖もあるメンバーに振り回されて苦労してそうな部活の日々
窓から空を眺めて「潤い欲しいなぁ」とか病んでそうだw


キャラの掘り下げは阿知賀にも。

atiga_15_3.jpg

憧ちゃんの風評被害に立先生が動いた。

龍門渕への遠征時に井上純と会っているのにこうした描写はなく
ここでもってくるというのは、憧=援交というノリで広まったネタが定着してしまい、本来のキャラ像とかけ離れたものへと増長したため
見かねてネームを切ったのでしょうか。
主人公をケツ丸出しにしておいて今更なんですけどねw

私は援交よりも、こちらの憧の方が好きです。
日頃はタメ口で勝ち気だけど、男子に触られただけで顔を赤らめテンパる憧ちゃん
このギャップはすばらですよ!

atiga_15_4.jpg

そして仲良くなるまでは敬語。
「おっひさっしぶりー!」なんて言い合える初瀬とも、出会った頃は敬語で話してしまう憧。見たかったなぁ!
セーラとは既にタメ口だから、早くも仲良くなったということか。
フランクに見えて実はちょっと人見知り。でも誰とでもすぐに仲良くなれる。それが憧の魅力です。
穏乃・初瀬・セーラと順調に関係を広げ
カップリング好きな人からは妄想の捗るキャラへと成長してゆくことでしょう
ナイスフォロー立先生。

しかし、そうなると・・

穏乃→「しず」
玄 →「玄」
宥 →「宥姉」
晴絵→「ハルエ」
灼 →「灼さん」

1年近く一緒に居るのに
そうか・・そうなのか・・

posted by 隣の | Comment(6) | TrackBack(0) | 阿知賀編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月09日

立先生のアレが見れるかもしれない

103_1.jpg

明らかに職質レベル

そらこんなのや薄墨初美みたいなのが街中を歩いてるんだから
岡山代表の新免那岐の銃刀法違反なんて気にもならないわなw

本家はやり過ぎです。
立先生はもう少し自制心を持ったほうが良いと思います。
訳:チラリズムこそ至高

さて、興味を引いたのが西田記者の台詞

「先鋒戦の最後に倒れた子がいてね」

和との再会は既に阿知賀編で描かれているので、同じ描写を本編でやる必要は無いように思えますが
阿知賀編はあくまでもスピンオフの扱いで、そちらを見ていなくても本編一本で話が通ずるようにするスタンスなのでしょう。
そうなると、この台詞は本編しか読んでいない人には「???」となって話が通じないことになる。
千里山は本編からみれば、逆サイドでの出場校の1つでしかない無関係な存在です
わざわざそれに触れるということは
立先生による千里山が描かれる可能性が高いということ。

haitenai2.jpg

これのセーラのスカートバージョンが見れるかもしれない!?
フナQのはいらないです

難攻不落の鉄壁ガードを誇る宥さんも剥いて確かめられてしまうわけですね
やめるのです!立先生!
訳:期待してます


このあと和たちは観戦モードに入りますので、阿知賀編でアニメ3話に収まり切れない部分を
本編で補完するのかもしれませんね。
咲と照の再会もありますし、本戦準決勝はいつになることやら・・
忘れられた有珠山高校w

あと、個人的に密かに期待してるのが
ぼやき羊の立先生バージョン
boyaki_sheep.jpg

posted by 隣の | Comment(0) | TrackBack(0) | 阿知賀編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月28日

阿知賀編13話はいつ?

13〜15話はいつ見れるようになるのだろう?

現在わかっていること
・準決勝は全試合を描く
・配信か放送の形で見られるようになる
・TVフォーマットの限界尺を使うので実質4本分の尺


限界枠まで使っている為、CMを流せなくなるので、TV放送ではなくWEB配信だと思います。
TVフォーマットにこだわったのは、今後の有料放送やサイト等へコンテンツを売る為の規格なのでしょう。

スクエアエニックス的には、アニメの流れを本誌やコミック売り上げに繋げないとなりませんから、 アニメと原作の進行に極端な差が開く展開にはなりません。
15話配信の前後で同内容+αのガンガン発売のタイミングに調整してきます。

では原作のペースはどうなっているのか

2011年8月〜10月 1話〜3話 1巻
11月〜2012年1月 4話〜6話 2巻
2月 7話 3巻 照戦開始
3月 8話
4月 9話
5月 10話
6月 11話 4巻
7月 12話
8月 13話 和と再会
9月 14話 ←今ここ
10月 15話 5巻
11月 16話
12月 17話
2013年1月 18話

本編が決勝に行ってないので、阿知賀編は準決勝の決着まで。
コミックは3巻から4話収録の構成となり、メンバー1人ずつが各巻の表紙を飾る流れなので、残りは2巻。
ガンガンでの連載もそれに合わせた4話区切りとなるはず。
13話と14話で次鋒・中堅を消化。収録配分から15話〜18話で副将・大将戦を駆け足気味で描かれることになる。

しかしながら描ききれていないパートは山ほどあります
灼と穏乃の実力、淡の覇王っぷり、怜の容態と千里山のエピソード、新道寺の奮戦、さらにはレジェンドのトラウマ克服まで残ってるわけですから
どこかでカットして持ち越さないと、とてもアニメ3話に収まりません。
そんな訳で、阿知賀は決勝に進出しますw

アニメ話数とコミック収録の関係から、
阿知賀編は1月発売のガンガンで連載終了。コミックは全五巻。

WEB配信が月一ペースなら、10月の咲フェスで告知、
11月配信開始で1月に原作と共に最終回が最も現実的でしょうね。


実力よりも大人の事情で勝ち抜けの切符確約の気配漂う阿知賀。
決勝では咲さんを姉帯さんみたいな泣き顔にして欲しいと応援しています!

posted by 隣の | Comment(1) | 阿知賀編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする