2015年02月10日

立先生のコメントで気になったこと

立先生のサイトコメントでいくつか話題になった箇所。
軽くツッコミ入れて終りましたが、もう1度振り返って考えてみました。


 怜の能力

怜ちゃんの未来予知は他にも使えます。
例えば競馬だと1周2分くらいまでは無理なく見えるようですが
本人は竜華さん以外には隠しています。

この件について多くの人が、馬券購入の締め切りから発走まで2分越えてるから競馬で儲けるのは無理。とのことですが、
気になったのは、見える未来が「2分」ではなく「1周2分」と書かれている点。
取り方次第では、現在から2分後ではなく、その場で次に起きる出来事の2分間とも考えられます。
ですから競技場の前で能力を使い、次のレースの「発走してから2分までの結果」を見ることができ、馬券を買いに行けるのではないかと。
もちろん「10分とか1時間先の次の出来事が見えるんですか」とか指摘されても「立先生のサジ加減次第」としか答えられませんがw

あと気になったのは、竜華は「さん」だけど、怜は「ちゃん」なんですね。
なるほど、確かにこの子を見てると、
ritz_1_30b1.jpg
高校3年生であと半年で卒業なんて信じられないw





 神境

霧島神境と神境の海と言われてる場所は鹿児島とかではないちょっと特別な場所です。
世界中の色んな山から入れますが戻る時は同じ山に戻ります。
たとえば高尾山から入ったら高尾山にしか戻れません

世界中の山から入れるのなら、神境の海で泳ぐ際、なぜ東京の山ではなく、霧島まで戻ったのだろう?
おそらく山によって神境内部の風景が全て異なるのではないだろうか
日本は無数の山が存在しており、海のある神境は他にもあるはずですが、わざわざ九州に戻ったということは、全ての神境を把握しているわけではないのでしょうね。

神境について言及された際に引っ掛かるのが、永水の控室。
ritz_1_30b3.jpg
控室の前に橋がかかっていたり松があったりと構造的に無茶苦茶です
TV中継に映し出されているということは、卓上で対局者だけが見える能力具現化ではなく、物質として存在しているということでしょう

更には初美ちゃんの控室から会場までの瞬間移動
ritz_1_30b4.jpg
やはりこれは神境の入り口を開いたのではないだろうか。

しかしながら東京国際フォーラムのある丸の内は、江戸時代初期ごろまでは東京湾の一部で日比谷入江と呼ばれていたそうで、山なんてありません。

もしかすると・・・


ritz_1_30b5.jpg
山ってこれのこと?w





  トシさんの発言

トシさんの「まさかベスト8にも」は
自分のチーム=宮守女子の力量を把握しておいての発言なので
予想以上に相手が面倒だったということなんですが、
「あんたらにはガッカリだよ!」って意味でとらえられるそうで
なんだか難しいですね!

私はガッカリというよりも、藤田プロのように裏で何か動いている一件で宮守を使ったと勘ぐっていました
能力者の発掘に長けた人で、穏乃との会話をみても、やっぱり良い人なんですよ。

「まさか」と付いていることから、力量の把握には自信があったのでしょう。
けれど、
晴絵をスカウト⇒チームが廃部
宮守をインハイへ⇒ベスト8入りもできず

結果だけみると、トシさんって詰めの甘い女ですねw



--------------------------------------------------

余談ながら、ここ最近は未完成のネーム状態でも掲載して、さらに休載なく続いているのは、
7月25日発売の14巻に向けたスケジュールだと思っていたのですが、
単行本は1巻に約10局前後掲載され、13巻が130局で終り、次週は139局ですから、月一連載でも十分に余裕があるんですよね。
なのにこのカツカツ感。
もしかすると、既に15巻の発売日も決まっていて、しかも咲日和アニメ第二弾の企画も水面下で稼動して、そのスケジュール調整から強引な掲載が続いているのではないだろうか・・・いずれにせよ担当さん鬼だなw

posted by 隣の | Comment(7) | TrackBack(0) | 咲<ネタ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月30日

立先生のサイト更新 1月30日版

ritz_1_30_1.jpg
志崎の綾ちゃん。
良かったよ彼女が女子校通いで。
もしも共学校だったら、クラスの男子の4割に、話しかけただけで「俺に気があるのかも!」と勘違いされ、2割から夜な夜なオカズにされるくらい、思春期の男子中学生を魅了させる可愛さです。

ちなみに画像ソースを見てみると、

今描いたらもうちょっとモミアゲ長いかも。

昔描いた絵なので今と若干違うそうですが、そもそも綾ちゃんは、スピンオフの中の脇役より出番の少ないモブに近いキャラなのに、
色付きで描かれていたり、いずれエピソードを描きたいとか、
どんだけ好きなんだよw
劔谷のモーちゃんも上位だと言ってたわけだし、
立先生はショート派に違いない!




優希はタコライスでもイケます。

誰だよこんな質問送ったのw
もっと他に優希について知りたいことは無かったのかw




怜ちゃんの未来予知は他にも使えます。
例えば競馬だと1周2分くらいまでは無理なく見えるようですが
本人は竜華さん以外には隠しています。

人生の勝ち組、現代の魔王。
競馬が可能なら、株で経済を牛耳ることもできるわけで、
竜華さんは「お前に世界の半分をやろう」と言われて、あっさり了承した勇者なのかもしれませんw

なんというか、一生かかっても使い切れない金が手に入る能力だと知ったあとに、
怜と竜華の関係を見ていると、
ritz_1_30_2.jpg
そら竜華も献身的で、怜が倒れたら必死になるのもわかるわ・・・とか思ってしまう汚れた心の自分に気付かされますw




12巻の表紙の状況についてはいずれ本編で書きたいのですが
個人戦の後になりそうでいつになるやらです。

以前考察した「12巻の表紙に立先生は何かを仕込んでいる」の通りだとすると、
すこやんも大阪に来ているのでしょうね。
12cover.jpg
立先生は「個人戦の後の後までやりたい」と書いており、あの絵はどちらの後なのかわかりませんでしたが、
「個人戦の後」だと明言したことで、12巻の表紙の一応の時事系列が定まりました。
表紙の絵がインハイ後の近い未来を描いたものだとすると、
・ガイトさんの変装はインハイ後も続いている
・照の表情は素のものか、または姉妹の確執はこの時点でも解決していない

など、新たな想像が膨らんで楽しみです。




3人に交流はあります。

ひたすらお菓子食ってるだけの昼行灯な照さん
一刀両断の姉御肌のガイトさん
コスプレナースの陽気な憩ちゃん

会話が成立する気がしないw

posted by 隣の | Comment(5) | TrackBack(0) | 咲<ネタ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月01日

咲我新年3年目 松実館に年賀状を送ってみた

早いものでブログも3年を越えました。
にも関わらず咲の世界は未だ準決勝の最中で、終らない夏が続いているから驚きです。
昨年は新春から全国編の放送で駆け抜け、秋には咲ファンの兎来栄寿さんが松実館のモデルとなった旅館で働き始めるという、人生まで変えてしまう咲の力を感じました。
私も吉野の風景が好きなので、あの場所であったか〜いお蕎麦屋さんでも開ければ素敵だろうなと憧れます
「ウチの娘と結婚して店を継いでくれ」って話が舞い込んできたら移住したいものです。


さて、新年ということで、松実館へ年賀状を出してみました。
2015_1_1_1.jpg
本名でなくても住所が正しければ郵便物は届くそうなので
皆さんも送ってみては如何でしょうか。

ただ、ひとつ問題なのは、
兎来栄寿さんとお会いしたことも無ければネットでの交流すら一切ありませんw
ブログ名は明記せず、差出人は「隣の」としか書いていないので、元旦早々「誰やねん!」というモヤモヤ感
もちろん私の住所は書いていないので返事も出せないという一方通行 アクセラレータ な年賀状テロw

手書き年賀なのには訳があります
決して年賀状ソフトを買うのが勿体無いとか、入力が面倒だとか、プリンターのインクをケチったわけではなく、
阿知賀のイラストを描いてみたいと思ったからです!
しかし、いざ挑戦してみると、無理ゲーだとわかりました。
絵心の無い人間がいきなりイラストを描くなんて、越谷女子が1位抜けするくらいのハードルの高さです


そこで全力前傾のお茶濁しで描きあげたのが・・・

2015_1_1_2.jpg
宥姉のメガネ!
あのシャープシューターの癖を見抜くのに一役買ったレジェンド級の逸品です。
もうゴールしてもいいよねってくらい頑張って描きました。
メガネだけだと銀魂の新八くんに間違われそうなので「宥姉のメガネ」と注釈を入れております
主張することは大切ですw

ともあれ、影ながらの応援のお手紙だと受け取って頂ければ幸いです。


今年は春先に玄の誕生日のアニメ化で再び吉野の舞台が注目を浴び、
夏には待望の咲日和のアニメ化で咲界隈が活気付くと良いですね。
そして時代がシノリチャに追いつくことを願っています。

posted by 隣の | Comment(10) | TrackBack(0) | 咲<ネタ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月19日

第三回 個人的におすすめしたいブログ

今年も残すところあと僅か。
初回前回に続き、3回目となった年末企画「個人的におすすめしたいブログ」
早速紹介していきましょう。



「宮守女子や姉帯さんを考察する」というキャラ名指しのサブタイトルからして特化ぷりが窺えます。
歴史に触れる深い考察から姉帯さんのオモチ計算式まで、宮守という名の新雪の銀世界へダイブして歓喜する管理人さんが目に浮かびます。
また、本編には出てこない宮守の現地風景などの写真も多数あり、遠い地に居ながらも宮守の空気を感じられる、宮守巡礼観光協会のようなブログ。



有珠山近隣の琴似在住ブロガーさん。地元視点からの情報を絡めての有珠山レポートは、他の巡礼レポと一味違って興味深い。
メインが有珠山かと思いきや、タイトルバナーは宮守で、記事アイコンはなぜか上柿の恵ちゃんというグッドチョイス
数は少ないながらも味のあるイラストも見られます。
本編の感想記事が毎回イラストだけで語られていたら面白いかも!という無茶振りをしてみたいw



さて、今回は今更紹介するまでもない大御所も改めて紹介したいと思います。



東から西まで北から南まで、四方八方を全身全霊で走り抜ける、阿知賀のED歌詞のような行動力と怒涛の更新頻度は、「咲想う故に我あり」という哲学すら感じさせる。
麻雀や咲よりも、いのけんさんを愛でるブログと表現した方がしっくりきます。
料理で例えるならば、他のブログの記事がレシピや美味しい店の紹介などの「記事」の範疇であるのに対し、 近代麻雀生活さんは、芸能人が料理を食し、そのリアクションを映すグルメレポートのようなもの。
咲界隈で「変態紳士のパイオニア」と呼ばれるいのけんさんの、咲に関わる喜怒哀楽する様を、モニター越しに珈琲片手に眺めながらニヤリとするのが正しい読み方の1つです。


ここで西の横綱である「ほんだし」さんにも触れておきたい。

行動を主体とした東の近代麻雀生活さんと対極にあるブログで、記事への絶妙な味付けが得意。
画像遊びやアスキーアート、センスの効いたボキャブラリーを駆使して、読み手にひと時の楽しみを与えてくれます。
第○局の感想を書く際、ほんだしさんにとっては第○局とは「お題」であり、感想という名目の1つのネタに仕上がっています。
いのけんさんがグルメレポーターだとすれば、ほんだしさんは料理を提供する側の「エンターテイメントシェフ」といったところでしょうか。
現在は更新が滞っていますが、食道楽な私達は腹を鳴らしながら復帰をお待ちしております。



--------------------------------

今年は初頭に全国編の放送で新旧のブログで宴の華が咲き乱れました。
来年も咲という不治の病に冒された患者が、新たなブログを立ち上げてくれることを期待しております。

posted by 隣の | Comment(5) | TrackBack(0) | 咲<ネタ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月12日

2014年小林立先生コメントで気になったランキング

まとめアンテナさんで今年の総括として「2014年小林立先生コメント衝撃的ランキング」アンケートが開催されているので、
便乗して個人的に立先生コメントで気になったものを挙げていこうと思います。
とはいえ、更新の度にあれこれツッコミを入れてるので、話題になったコメントは除外して、拾い損ねたコメントから選んでみました。

それでは第3位からの発表
ババーン!(←1度使ってみたかったw)


第3位 清澄の学生議会長は春の選挙にコンビで出馬して投票で決まります。部長と内木君は2年連続です。(2014年11月)

1年の頃から付き合いがある様子の2人。
最大勢力の部キャプ派に押されながらも、久×内木を信奉するノーマル派としては、2人の出会いのエピソードは是非とも見たいものです。

選挙について、投票があるということは、他にライバル候補者がいるわけで、
久さんは校内で顔が広く人気があるのでわかるとして、内木くんも2年連続当選しているのは何気に凄いことです。
久さんが生徒会の会議を抜け出しても、問題なく1人でやりきってしまう手腕と、
清澄が全国出場を決めたことで、体育館を使って応援イベントまで開催してしまうのですから、デキる男なんですよ彼は。
ロリコン疑惑とか言われてますが、むしろ気になったのは
kiyosumi_ramen.jpg
ラーメン屋のオヤジにコメントを求めている事です。
ラーメン屋との繋がりはメンバー以外は知らないエピソードのはず。
内木くんには素っ気ない久さんが話すとは思えないですし・・・
なぜ彼は知っているのか。只の偶然だろうか?

新たにストーカー疑惑を提唱してみたいw




第2位 晩成は共学です。(2014年9月)

王者の余裕から一転してのテンパり具合な小走さんを見てると、
bansei_kyougaku.jpg
普段もクラスの男子とこんな感じで接しているのかもしれない。

体育祭の日。麻雀ばかりやってるせいで体力皆無な彼女は、転んで怪我してしまい、
男子に「ほら、保健室行くぞ」と手を差し伸べられ、顔真っ赤にして焦る小走先輩。
そんな晩成日和が楽しみでなりません。

あと、壮行試合で阿知賀メンバーが晩成高校に行ってたとしたら、
男子に不慣れな憧ちゃんが借りてきた猫みたいに大人しくなっちゃうんだろうねw

それにしてもせっかくの共学だというのに、
bansei_kyougaku2.jpg
3年生4人のうち3人がサイヤ人系のヘアスタイルという女子力の低さはどうしたことなのか。
もしかすると晩成麻雀部のしきたりなのだろうか・・・
唯一の2年生の巽ちゃんも来年こんな髪型を強要されるかもしれないと思うとドキドキですw




第1位 加藤ミカさんは現在は高遠原3年で受験に集中してます。(2014年2月)

mika.jpg

先生の声が遠いBGMとなり、ノートを書き写すペンの音が静かに木霊する、そんな午後の教室。
ふと視線を移すと、
ミカさんがシャーペンの背を口元に当て、教科書と睨めっこしながら、髪を耳にかける仕草が目に映る。
誰も見ていない、自分だけが見つけた何気ない彼女の表情―。
それは恋に落ちる瞬間だと思う。

当ブログはこんな妄想ばかりで成りたっておりますw


---------------------------------------------------------------------


アンケートに投票してもランキング圏外確定のマイノリティーな項目ばかりですが、
スポットの当たらない脇役たちの日常風景が感じられる立先生の設定コメントは
本編休載してもいいから週一で公開して欲しいと割りと本気で願ってますw

ところで私も以前、
立先生に「姫松や宮守はインハイ中どこに宿泊しているのですか?」と質問メールを出したことがあります。

質問は将来描きたいと思ってる内容は基本的に除外しちゃうので
「なんであの質問に答えないんだ」という場合は10年待つか諦めてもらえれば…

10年以内に描かれるようです(ネジの外れたポジティブ思考)

posted by 隣の | Comment(6) | TrackBack(0) | 咲<ネタ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月28日

白糸台の微妙な人間関係

立先生のサイト更新11月23日版にて爆弾が投下されました。

白糸台の行列は弘世様のファンで自主的にやってます。

sumiresama1.jpg
ということは、この整列は照と菫の2人に向けられたものではなく、
弘世様のために整列し、弘世様に向かって頭を下げ、
横にいる一万人の頂点に君臨する照さんのことをガン無視して、弘世様の為だけに挨拶していることになります。

一糸乱れぬ列びと、全員が目を閉じて深々しく頭を下げる光景は、
ファンとか憧れの範疇を通り越して、あたかも信者のようです。
こんなのを各自が自発的に行うのですから、白糸台の内部は妄信的な宗教のような世界が渦巻いているのかもしれない。

菫に他意はありません。彼女の性格を鑑みるに、好きにしろというドライなスタンスだと思います。
しかし、こうした信者の思想と言動は、白糸台の環境に大きな影響を及ぼします。
例えば宮永照。
弘世様に熱い視線を送り、弘世様が全ての彼女たちからすれば、
宮永照のことは「弘世様を全国の晴れ舞台へ牽引する馬車」という程度でしか見ていないのでしょう。
照がどれだけ優秀な成績を収めても、全ては弘世様の功績として称えられ、周りからは只々引き立て役の日陰者として扱われ、強過ぎるゆえに敬遠される存在。
むしろ3年間ずっと弘世様と近しい間柄となっていることで、信者から疎まれている可能性もある。
sumiresama2.jpg
そうした影の薄さと居心地の悪さから、屋上に引き篭っていたのではないだろうか。

もしもそうだとすると、

sumiresama3.jpg
「多くの人に感謝をしている。嘘は言っていない」
自分は麻雀しか取り得が無い。しかし絶対強者ゆえの孤独、内部での疎外感。
存在が稀有になりそうな日常から一転して、表舞台に立ち続ければ、脚光を浴び、期待され、応援される。
それは自分の存在が認められていることですから感謝しているとも読みとれます。

また、そうした目線で見ると、

sumiresama4.jpg
亦野さんのいう「立場」とは、白糸台のレギュラーとしてよりも、
「弘世様の顔に泥を塗った女」として部活内での立場が危いということですw

チーム虎姫はミーティングの時や咲日和での回でも、他のメンバーと一緒に居る描写はなく、
おそらくはチーム単位での行動が基本になっていると思われます。
ですから、弘世様のお世話をしたくても叶わない信者達からすれば、近しい立場にいるメンバーへの嫉妬が募るのは必然でして、
嫌味のひとつでも言ってやろうとしても、
のれんに腕押しなお茶を飲み続ける置物のようなメガネ娘と、圧倒的な実力で蹴り返してくる強気で小生意気な一年坊が相手では、益々不満が溜まってゆき、それらは全て亦野さんに回ってくるわけです。
彼女の日頃の板挟みな立場を想像すると不憫でなりませんw

これまで「宮永照率いるチーム虎姫」だと思われていたのが、
白糸台視点では「弘世様とお付の人たち」だとわかったことで、
呑気に女子会を楽しんでいる虎姫が抱える微妙な人間関係が垣間見れた気がしましたw




ところで、立先生のサイト更新ではこんな一文が書かれています。

最初の担当さんがすごいのは私が麻雀好きなのを聞いて
ヤングガンガンに当時ギャンブル漫画がなかったので麻雀で編集会議を通す!
とかそういうところがガチすごいというかありがたかかったです。

最初の担当さんを褒めてるんですよ。

ところが現在の担当さんについては・・

作業終盤に「1ページ1時間で描かないとネームのせっぞ!」
って担当さんに言われて超あわてました

随分と印象の悪い感じに見えます。
そして咲の担当といえば、ハイスコアガールの著作権で訴訟問題が起きています。

もしも問題を起こしたのが現在の担当さんだとしたら、
このタイミングで最初の担当さんを褒めるのって・・・

なにやらここにも微妙な人間関係があるのかもしれないw

posted by 隣の | Comment(9) | TrackBack(0) | 咲<ネタ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月19日

立先生のサイト更新 11月19日版

立先生のサイトが更新されました。

赤坂さんと善野さんのネックレスは別のものです。
でも高校時代に同じとこで同じタイミングで買ったものなので
シノハユで描ければと思ってるんですがいつになるやらです。

シノハユで出てくるのか!
しかも2人は同じ高校で仲が良かったんですね。キャッキャウフフな関係だったんでしょうか。
末原さんはこの事を知ってるんだろうか
昼ドラのような展開にならないことを祈るばかりですw

しかし考えてみると、シノハユのインハイ時間軸は10年前ですよね。
その頃に赤坂さんと善野さんの高校時代が描かれるとなると・・・

ikuno.jpg
赤坂さん、貴女何歳なんですか?


サイトは取り急ぎの更新だったようで、週末にも質問の回答があるようです。

ところで、先日こんなニュースが。

大阪府警,スクウェア・エニックスの編集・出版部門と漫画作者の計16人を著作権法違反容疑で書類送検
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/18/news057.html

<<抜粋>>
弁護士は「出版業界では当事者間で事前に交渉したり、金銭を支払ったりして民事上の解決をみるのが普通」としながらも、「(SNK社が)刑事事件化を求めたのは、それだけ交渉態度などが悪質だと受け止めたのだろう」と推測する。
また、書類送検された16人のうち、スクエニ社の一部社員らは以前から、許諾を取っていないのを気付いていたとされる。

担当だけでなく関係者の大半が書類送検となり、大事になっている様子。
一番の気掛かりが、スクエニ側の対応がザルどころか、交渉態度が悪質だったという点。

咲関連は大丈夫なんだろうか?



puyopuyo.jpg
大丈夫だよね?(安福さんの顔で)

posted by 隣の | Comment(3) | TrackBack(0) | 咲<ネタ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月17日

咲13巻、シノハユ2巻。特典どれ買う?

「咲-Saki-」なのに咲さんが1枚もない単行本特典が各書店より出揃いました!


 文教堂
tokuten13_1.jpg
「文教堂、いいよね」
「いい・・」
そんな一言で会話が通じてしまうほどマニアックなポイントを突いてくる文教堂。


ちゃちゃのんの背景は鹿老渡高校の廊下だろうか?
グラビアばりのポーズや、カメラ目線でウインクというアイドル面ではなく、
彼女の高校生活という、普段では御目にかかれない至高の1枚といえる。

そして閑無ちゃん。
どうしてだろう。この閑無ちゃんを見ていると・・

tokuten13_2.jpg
こんな台詞が妙に似合いそうな気がするw
好きな子に告白する勇気のない、モテない冴えない主人公を、元気いっぱいに蹴り飛ばして背中を押してくれる。そんな青春グラフティ。
共学校へ進んでいたら、決して報われないヒロインになっていただろうに、残念でならない。




 アニメイト
tokuten13_3.jpg
浴衣には3つある。
・うなじなどの溢れる色気。
・帯を殿様回しして剥いて確かめたい情欲。
・この瞬間をいつまでも見つめていたい美しさ。
慕ちゃんは明らかに後者。
そらリチャードソンも島根連れて帰って育てる!とか言い出すわ
戦場ヶ原ひたぎさんが言っていた、萌えの更に一段階上を行く、次世代を担うセンシティヴな言葉の「蕩れ」とは、この1枚にあるのかもしれない。




 wondergoo
tokuten13_4.jpg
なんでwondergooは毎回表紙と同じ特典絵なのだろう。商売気が無いなぁと思っていたけど、
そうか、
これ各書店の特典をコンプリートするファンを狙ったコバンザメ商法かw
形だけ特典とすれば無条件に買ってくれるのだからコストをかける必要はないわけだ。
やる気は無いが売る気はあるってことですね。




 ゲーマーズ
tokuten13_5.jpg
ここにきて、まさかの風越のキャプテン!
おまえは文教堂かw
しかもこれ、美穂子の両目が開いていますから、久さんが居るんですよ。
寝惚け眼ですがナニがあったんでしょうねw池田の監視付きでもお構いなしやで!
この絵は「久」と呼ぶ前か後か、親密度で距離も変わってきますから気になるところですよね。




 メロンブックス
tokuten13_6.jpg
はやりん(28)が戦いたくないと言ってた気持ちがわかる気がする
確実に次世代の波が牙城を崩しにかかっています。
まふふとはやりんに声援を送ってた例のDQNは、ユキちゃんの追っかけもやるんだろうなw
あと、ユキちゃんの存在を、ちゃちゃのんがどう見ているのかが非常に気になりますw

ちなみに立先生が言ってたエロ水着とはユキちゃんのことでしたが
エロいというより可愛い普通の水着絵ですよね。
むしろメロンブックスなのにエロくない!ということに驚いたw




 とらのあな
tokuten13_7.jpg
エロ水着どころか完全に吹っ切れてますが、立先生からすれば、ここまで解放したら一周回ってエロくないのだろうねw

喜んでいる読者さんには申し訳ないのですが、個人的には裸絵の特典はもうお腹いっぱいです。
ちょっとのオモチの子は別としてこうした絵はピクシブや同人誌でファンが補完する分野であって、
中学生ユキちゃんはのぞいて公式でやってしまうと媚びたように映り、逆に醒めてしまう危険があるんですよね。
JS慕ちゃんならともかく裸絵の特典を付ければ売れるだろという安易な考えは改めるべきだと思います。

結論:説得力ねぇよw

posted by 隣の | Comment(12) | TrackBack(0) | 咲<ネタ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月02日

立先生のサイトが更新されました。9月2日版

立先生のサイトが更新されました。
今回は「誰こいつ?」なキャラ名が多いので、軽くまとめてみました

生立ヶ里コンビ 哩姫の中学時代
湯佐さん 昨年の個人戦4位。照・憩・ガイトさんと同席してた人
那須田さん 麻雀やってる女子学生を紹介する雑誌で、竜華と同じくオモチの大きさで人気のある人
友清さん 新道寺の校内5位。哩姫の会話に名前だけ登場
奥友絵美さん 宮守のシロを食堂に誘ってた人の隣に居た子
クイズかよ!w
思い出すのに時間かかったよ
モブ好きな私でも流石にフルコースはお腹いっぱいですw


他にも爆弾級の発言が多々あるので見ていきましょう。

幼少期の瑞原さんの曲のタイトルと作詞は瑞原ママによります。
名前は瑞原美月さんで誕生日は2/8で身長は154cmです。

「時にはHAYARIに流されて」て、はやりんママのセンスだったのかw
まさか作詞まで手がけているとは!
田村ゆかりさんの魔女っ子声で歌う、ダジャレのオンパレードソング。
下手するとシノハユアニメのOP・EDよりもキャラソンの方が人気が出る、新たなレジェンドを生みそうな予感w




生立ヶ里コンビや二年前の照・志崎の綾ちゃんは後に描きたいのですが
なんとなくタイミングがつかめないです。

2年前の照は大きく振りこんだエピソードがあるので、いずれ描かれると思います。
哩姫の中学時代は、女子中学生がSMプレイでビビクン!なんて、非常にきわどい!東京都が黙っていませんw

そして阿知賀こども麻雀クラブの志崎 綾ちゃん
なんでそんなピンポイントなんだよw
彼女で一体何を描くつもりなのだろう?

そういえば特典絵にも触れていたけど

13巻の特典絵の水着は木吉先生じゃないのでエロ水着です。

立先生のことだ。こっちの路線に違いない!(願望)




白糸台と鶴賀は私立で女子校です。晩成は共学です。

男子の目があるというのに、晩成のOB・現役含めて髪型の残念率の高さはどういうことなのか小一時間問い詰めたい。




監督や顧問はどの学校にも一応はいます。
画面に入ってないだけと思っていただければ。


riz_site_9_2.jpg
こんだけのアングルから映しても画面に入っていない白糸台の監督てステルス桃かw

posted by 隣の | Comment(9) | TrackBack(0) | 咲<ネタ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月05日

桧森誓子という女

chikako1.jpg
伊達市ベスト8の実力は伊達じゃない!
フナQから全国レベルではないとされながらも、頑張ってると評された誓子さん

日頃から
chikako2.jpg
負け続けようがジャンケンで挑み続け、勝ち時の7並べでは勝負を降ろさせない。
「勝つまで続ける」という勝負事へのスピリットが麻雀の実力に結びついているのでしょうね。
ギャンブルにハマったら確実に人生ダメになるタイプですがw

そんな彼女は、高校でも麻雀をやるべく入部したものの、既に麻雀は無く、娯楽部と化していた。
しかも先輩達は幽霊部員に等しく、顔を出すのは週一だけ。
そう。
chikako3.jpg
2人きりですよ!

遠くから聞こえるブラスバンドの音、体育系部の掛け声、教室に差し込む夕日―。
めくるめく放課後、誰もいない部室に2人だけの時間―。


そんな時間を1年間過ごすと・・・


chikako4.jpg
こうなります。
爽さん落ちてます。
部室でナニがあったんでしょうね?
快活でリードしそうな爽さんですが、誓子の方が攻めだったようでw

2人の進展に妄想が捗りそうだな!と思いきや・・

翌年からはこうなってます
chikako5.jpg
お前は久さんかw


さて、ここで有珠山メンバーの関係を見てみると、
chikako6.jpg
避難車を思い出す中に、幼少の爽と揺杏が描かれていることから、3人はこの頃から面識があるようです。

一説には誓子の家は孤児院だとも言われていますが、麻雀暦の確認の件をみるに、爽は誓子の小学生時代を知らない様子。
また、皆が孤児だとすると、幼くして施設を出たあとの生活基盤が見えてこない。
同じ形の避難車が、主に園児施設向けに売られているようですし、
hinanshya.jpg
http://www.y-create.jp/osanpocar.html
普通に保育園か幼稚園が一緒で、高校になって再会したと考えるのが妥当かと思われます。


そうなると、爽と誓子はそれぞれ麻雀部だと思って入部。
揺杏も麻雀経験があり、爽と幼馴染の繋がりだからわかるとして、

chikako7.jpg
この小動物は何で入部したんだ?
ルールを全く知らず、難しそうと敬遠する麻雀の張り紙のあるドアを叩くとは思えない。
先輩の誓子を「ちかちゃん」と呼ぶことから、この子も幼馴染の関係であるようですが、
なにやら前科があるような物言いが気になります。
chikako8.jpg
まだ語られていないエピソードがありそうだw


登場時はマツ毛以外に特徴の薄い誓子でしたが、ここにきて一気に多彩な扉を開いてきました。
有珠山は爽が中心となって動いているように見えて、案外と誓子が手綱を握っていそうですねw

まだ副将・大将戦が控えていますから、有珠山の追加エピソードで、誓子の魅力の更なる嶺上開花に期待したいところ。


ちなみにユキの大改造については・・・

chikako9.jpg
流石わかってらっしゃる

posted by 隣の | Comment(14) | TrackBack(0) | 咲<ネタ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする