2015年06月19日

第144局 漢字で書くと幽波紋


144_1.jpg
名前が明かされた琴似栄の吉田ちゃん!

名前が出るってことは、当然キャラ設定も存在するということです。
今後登場するのか否か、立先生に質問してほしい案件ですね。

判断基準として新道寺の友清さんのような回答が得られるなら可能性大。
友清さんはいずれ描くかもしれないので…勘弁してください。
北海道に新たな巡礼地が生まれるのか期待が膨らみます。



さて、爽の能力が明らかになったわけですが・・

144_2.jpg
スタンド使いかよw
具現化したアーチェリーなどで攻撃したり、神的な力を宿す能力はありましたが、
人型の能力が対戦者を直接襲うのは初めてかもしれない。

しかも自分以外には見えないわけですから、
カムイを使って好きな子に♥♥♥な悪戯ができるのか!
144_3.jpg
相手は見えない何かにイロイロやられちゃうわけですよ!
DMM.R18で配信されてるエロ漫画だなw



カムイ使いの力は突然身に付いたものではなく、以前から使えたはずですから、
麻雀以外の様々なゲームでもチートしていたと思われます。

爽と誓子は部室で一年間二人きりだったので、

一年間カムイにフルボッコにされ続けたら・・

144_4.jpg
こんな性格になるのも無理はないw



そういえば、パコロカムイは「寿命の支配者」で相手に呪いをかける能力ですが、
28歳のはやりんが戦いたくない理由って、まさかとは思うけどw

posted by 隣の | Comment(4) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月15日

第143局 見て!

143_1.jpg
そんなポーズに見えたw

今回すこやんの発言により、彼女の初体験(麻雀)が10年前で先鋒だと判明。

すこやんが先鋒のオーダーで、あの準決勝を勝ち抜き、優勝を果たしたということは、
後に続くメンバーも、物語の主人公である慕やレボリューション閑無たちを討ち取ったわけですから、
土浦女子って白糸台以上の化物じゃないかw

あと、初出場が高3で、シノハユのクライマックスも高3のインハイですから、
高校生編の1年2年は小走先輩並みの超速の数ページで飛ぶかもしれません。

ふくすこの夫婦漫才からシノハユの未来の断片を垣間見せるなんて読者のツボわかってます。
シノハユは本編を補完する外伝のはずなのに、最近は本編がシノハユを補完してますね
私にとってはシノリチャが本編だけどね!



さて、いよいよ始まった大将戦。
ケツカラーでサービスシーンも忘れていません。
143_2.jpg
しかしこの突き上げるくらいの尻上げポーズって、
画像の外に京太郎が居ること忘れてませんかね?
下手すりゃ肛門まる見えですやんw

以前にもパンチラとかやってましたからね。誘ってるんだろうか。

ちなみに、和さんが座っている席は、さっきまで咲さんが座っていた席です。
ちゃっかりしてるぜw

そして久さんと美穂子。
143_3.jpg
いつも両目を開けてアピールしてるのに、
久さんが思い浮かべるのは片目の姿。

下の名前で呼び合う間柄なのに微妙な温度差があるようでw

posted by 隣の | Comment(12) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月27日

濡れるッ! 咲日和「阿知賀の巻D」

hiyori_achiga51.jpg
メスの顔じゃん!
水鉄砲のはずなのに妙にエロチズム
大人のお姉さんからいけない遊びに誘われてるようだw
万年コタツで受身専門の宥姉も意外な一面があるんですね
そんな表情で誘われたら
たとえ慕ちゃんと結婚してても浮気する自信あるわ!



今月号の咲日和はアチガールズの「遊ぶんだ!水鉄砲で!」のお話

hiyori_achiga52.jpg
あ、関西人の反応やw
関西人に向かってバーンと言ったら高確率で撃たれたふりをしてくれます。
ボケましょうノリましょうツッコミましょう。は、
お年寄りに席を譲りましょうってくらいマナーとして常識ですが
灼や怜さんみたいな反応もあるので過信は禁物です。

というか、君ら麻雀はどうした?
インハイに向けて猛特訓の日々じゃなかったのか。
偏差値70の進学校で、夏休みの部活動も週三日に制限され、部員数が多く競争の激しい晩成が、
的を作ってビニールシートまで敷いて水鉄砲で遊んでる子らに負けたなんて釈然としないだろうなw

それにしても阿知賀って一応お嬢様校なのに、女子高生というより、子供ですよね。
SHIROBAKOで「女子高ドリームは早めに捨てておいた方がいいです」てシーンがありましたが
水で濡れた制服が透けて、別のドリームが見れそうですw


そして今回の注目は、高鴨綾乃さんが登場!

hiyori_achiga53.jpg
綾乃さんのこの顔
「あの子店の手伝いもしないでまた何かやってるよ」みたいな感じでしょうか
シノハユで露子さんと赤ん坊の玄ちゃんが出てきたのですから、若き日の綾乃さんと穏乃も登場して欲しい。
綾乃「この子の名前はね、穏乃ていうの」
晴絵「おしとやかな子に育ちそうですね」

なんて会話を未来の現実を知る私達は見てみたいw

posted by 隣の | Comment(2) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月03日

第142局 コクマへの布石


142_1.jpg
4月13日の吉野山で立先生を探せ!
平日であろうと多くの咲ファンが集まってくる予感。
まさかRitzのセーラー服を着てくるとも思えませんし、ファイナルファンタジーでメタルスライムを探すぐらい無理ゲーです。
満開の桜そっちのけで、目を皿のようにして通行人をチェックしてる観光客がいたら、それはたぶん咲オタですw

立先生は1人で行くのだろうか?
前日の4日12日に誕生日を迎えて軽く鬱になってるかもしれないあぐり先生も誘ってあげるべきだと思うw



さて、142局。

注目どころは、やはり末原ちゃん
142_2.jpg
イメチェンバージョンで大将戦へ
まじめにお願いしますよ!とか言いながらノリノリですやんw
観戦に来てくれた善野さんへのカワイイアピールでしょうか。
142_3.jpg
後頭部さん何かツッコミ入れてあげなよ・・


そして今回もコクマの話題が出てきました。
この様子だと、コクマの設定やストーリー展開もほぼ出来上がっているのでしょうね。
142_4.jpg
会話から察するに成績による選抜形式のようです。
年齢区分にジュニアがあるなら、大学生、社会人、プロ、そしてシニアも存在するはず。

大沼プロや熊倉トシさんもコクマに参戦してくるかもしれません。


あと、気になったのが、

142_5.jpg
なにやら既視感。
和は小学4年の頃、お年寄りたちに麻雀を教わったそうです。
TVで和の活躍をみてた老人たちが、「ワシらもあの大会に出たい!」「遊ぶんぢゃ!和と!」と、仲間を集いコクマを目指すストーリー。
新たなスピンオフの予感!

この秋、シニアが熱い!

posted by 隣の | Comment(8) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月21日

第141局 闇と真っ白

141_1.jpg
なんだろうこの咲日和な感じw
そのうち清澄の巻でこんな優希が描かれそうで楽しみです。

そう、私達は美少女麻雀物語を読んでいたはずなのですが・・

141_2.jpg
なぜかジャンプのバトル漫画になってやがる!
このあと「卍解」とか言い出したり、額から血が流れていても違和感ありませんw
「やめろメグ!」「やめまっセン!」と会場と控え室で会話してるこっちの方が、ハイなテクノロジーです
ダヴァンがホラーチックになったり、ネリーが少年ぽくなったり、美少女が若干行方不明になりながらも、ようやく副将戦が終了。
先鋒戦の爆弾と日本刀もそうだけど、sakiを知らない人に副将戦の事を話すとしたら、
「スタンドみたいな天使を降臨させたり、封印していた左手を解放したり、銃撃戦やサッカーで戦う漫画」と説明してどれだけの人が理解できるだろうw


それにしても今号もギリギリな絵でした。
141_3.jpg
万策尽きたー!
SHIROBAKOっていうか真っ白ですw

輪郭のペン入れもかなり雑で、既に限界なのに次号も休載なし。
担当さんが「変な話、掲載しないと困るんで」とか無理矢理捻じ込んでるのかもしれない
立先生が独り言をブツブツ呟く危険ドーナツ化しないことを祈るばかりですw


次回は大将戦前の各校の様子が描かれる話になりそうですが、
そろそろ音信不通な西田記者の事も思い出してあげて・・

posted by 隣の | Comment(7) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月06日

第140局 おかん>>サッカーボール>>アサルトライフル

140_1.jpg
立絵では初めて?の年齢不詳な謎の母、愛宕雅枝。
絹ちゃんは親のことを「おかん」と呼んでいますが、
140_2_2.jpg
咲日和では「お母さん」と呼んでいます。
心の中ではおかんと呼び、雅枝さんの前ではお母さんと呼んでいるということは、
お母さんと呼ぶよう強要されてる可能性がありそうです。
いつもの癖でおかんを使ってしまったら「お母さんて呼べっていってるやろ!」とハリセンで教育的指導を受けていそうですw
妹がこれなら姉の洋榎も当然おかん呼びでしょうから、雅枝さんのハリセン稼働率も大変そうです。
ただ、三つ子の魂百まで。ですから直ることは無いと思いますよw


そしてついに登場、絹ちゃんのサッカー能力の具現化。
140_2.jpg
しかも背番号8の姿が拝めるのはこれで最後。

その理由が立先生のサイト更新にて、
背番号も8にしてみたんですが
サッカー好きの編集さんにはそこが伝わっておらず
絶対に生理的に許せないと言われたので
単行本では1にしておきます。

なんもかんも担当が悪い!
立先生が現担当さんに言及するとき、いつもトゲを感じるのは気のせいだろうかw

それはさておき、サッカーですよボールですよスポーツですよ
なのに、
140_3.jpg
殺傷を目的としたアサルトライフル相手にサッカーボールで勝てるのか!
少林サッカーをマスターしたのか、殺人シュートでも放ったんですかねw
しかし絹ちゃんはキーパーですからシュートではなさそうです。
だとすると、
ダヴァンさんの敗因・・・たぶんハンドw

posted by 隣の | Comment(10) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月20日

第139局 愛宕の目

139_1.jpg
絹ちゃんには見えない。

対して姉の愛宕洋榎は、これまでの活躍振りから、まるで牌の流れが見えているかのような、ずば抜けた察知能力があります。
フナQも同様に、1局見ただけで能力を見抜く優れた分析力を有している。
そして母はプロ雀師。

共通するのは特徴的なタレ目です。

やはり愛宕一族の強さの秘密はあの目にあるのではないだろうか。

きっと振り込め詐欺にも引っ掛からないんだろうねw
雅枝さんはあの目でイイ男を見抜いて今のお父さんをゲットしたのかもしれないw


そうなると愛宕の目を受け継いでいない絹ちゃんが、サッカーから転向して僅か1年足らずで名門姫松のレギュラー入りを果たしたのは、
母や姉から指導を受けたおかげなのか、

それとも・・・


139_2.jpg
もうひとつの遺伝子に秘密があるのかもしれないw

posted by 隣の | Comment(5) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月06日

第138局 左を使う人たち

138_1.jpg
前回震えていたのも「静まれ俺の左手!」みたいな感じだったのかもしれないw

聖書を習う学校カッコイイとかヘルメットで通学カッコイイとか
目覚めちゃったのは去年なので、正確には中3病だろうか。

怜の能力が麻雀以外でも使えるなら、ユキも同じく、1日1回本気のギャンブルで生計立てれそうですね。

138_2.jpg
そしてこのポーズ。
ノリノリじゃないですかw


咲には様々な能力がありますが、それらは対戦者同士が見える具現化であって、
傍からでは普通に麻雀してるだけです。
ユキの場合、具現化ではないので、、
TV中継では、スリット入りの改造制服を着て、いきなり左手で打ち始め、ポーズを決めてツモるチョット痛い子に映るわけですw

ただ、視聴者はそんなことよりも、

138_3.jpg
潰れるおもちに釘付けなのでしょうけどw
私は卓になりたい。



ところでユキの左手。
この卓上で左手を使うのは珍しいことではありません。

なぜなら、和はマウスを左手で使っていますし、絹ちゃんは左足で蹴っており、左利きの可能性があるわけで、
138_4.jpg

見方を変えると3人ともが何らかの形で左を使うわけで・・・


138_5.jpg
ダヴァンさんまた仲間ハズレw

posted by 隣の | Comment(9) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月16日

第137局 結末を知る者

16ページ中の大半が未完成のままなうえ、来週も掲載するという暴挙。
7月25日の14巻に向け、1つも落とせないタイトなスケジュールなようです。
137_1.jpg
未完成ページの背景はしっかり完成していることから、
最初に背景指定をして、上がってきた原稿に白塗り修正を加えて人物を描くわけですけど、
立先生の行程部だけが大幅に遅れてるんですね。
また、椅子や牌、フキ出しも完成していますから、基本的にキャラ以外は全て背景さんが担当しているのでしょう。

けれども、こうした闘牌や点数表示も背景さんが担当しているとすれば
137_2.jpg
準決勝でどの高校が勝ちぬけ、どの高校が優勝するのかを、読者よりも早く知る存在になります。
もちろんプロですから守秘しますが、

先日の立先生のサイト更新にて、こんなコメントがあったように、

どうしてもあの場所がどこか知りたいというメールが
なぜか私ではなく背景スタッフ様のとこに届いたようなので。

こういうのも含めて面倒なメールは送らないでねというメッセージなのでしょうw



おまけ

もう1つ立先生のコメントから。

竜華さんは料理自体は上手いです。


ここで料理が上手な人を並べて見ると・・・

137_3.jpg

大丈夫、慕ちゃんの未来はきっと明るいはず!

posted by 隣の | Comment(4) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月05日

第136局 30円のキャッチボール

136_1.jpg
30円足りない
これって、セーラの貸した30円と同じですよね。
136_2.jpg
洋榎ちゃんの財布の中どうなってんだよw
というか足りないなら控室戻って誰かに借りればいいんです
でもそうせずに椅子に座って待っているんですよ。お前ジュース飲む気ないだろw

控室だと、他の誰かから「30円くらい出しますよ」と横槍が入るので、このやりとりは2人きりでないと成立しません。
絹ちゃんへのアドバイスなら控室でもできるのに、わざわざ外に出て待っていたのは、30円を仕掛ける為に他ならない。
残念ながら絹ちゃんが小銭入れを持っていないので流れましたが、
セーラにもこうやって持ちかけていったんですね。

10円だと忘れられたり、100円だとただの貸し借りになってしまう
30円は所謂「振り」なんですよ。
相手があえて30円を貸したままにしてることが面白いと思えば、2人の繋がりは強まるわけで、
これは自分と同じセンスを持つ友人を探す、洋榎流の関係の築き方なんでしょうね。

セーラには借りて、竜華には借りてないってことは、
竜華には軽くスルーされたのだろうかw
荒川憩ちゃんはどうなのか非常に気になるところです。

ただ、これ大阪のノリだから冗談で通じるのでしょうけど、
傍から見れば金額はどうあれ「他校の生徒が絡まれてカツアゲされている」ことになりかねない。
「全中で大暴れした」のは、そういう意味も含めてなのかもしれませんw
姫松に入学したのは、問題児として千里山から断られた可能性も捨てきれないw



さて、今回サトハさんの御説法により
136_3.jpg
照ですら強い意志の前では負けるフラグを打ち立てた爆弾発言が飛び出しました。
あの能力とこの能力、どちらが強いのかという考察も紙くずに変わる、咲界隈の大恐慌w
この先の勝敗も能力よりエピソードの内容で決まるわけです。

その視点だと準決勝の大将戦

咲「お姉ちゃんに会うんだ!」
ネリー「どうしてもお金が要るんだ!」
末原「凡人は考えることや。メゲたらあかん!」
爽「一緒に楽しもうぜ」


あ・・ヤバイかもしんないw

posted by 隣の | Comment(6) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする