咲-Saki-第156局 アリですね!
2016年03月18日

咲-Saki-第156局 アリですね!

156_1.jpg

ななみん登場!

かねてよりスコア数値からバケモノだと噂されていた藤白七実の名が本編で出てきました。
そして予想通り、照が2年前に大きな振り込みをした相手は戒能プロでした。

あの照を疲れさせるほどの実力者で、まだ顔もわからない藤白七実はどんな人物だったのか?
戒能さんの発言から読み解ける点があります。

1:「千里山の藤白」ではなく「藤白七実」とフルネームで呼んでいて、はやりんにも通じていることから、今の照のように相当注目を集めていた選手だとわかります。

2:「藤白プロ」と付けていないことから、彼女はプロへの道には進んでおらず、戒能さんと同学年の20歳ですから、インカレの方で活躍していると思われます。

おそらくコクマ編あたりで登場してきそうですね。

それと麻雀のことはよくわからないんですけど、
久し振りにこの画像を見て気になったのは、

156_2.jpg

セーラが1年生の控え選手だった当時、唯一の2年でレギュラー入りしていた蔵垣るう子さん

藤白 七実 3年 0.357 0.661 R2629

蔵垣るう子 2年 0.313 0.592 R2371

当時のセーラの成績と比べてみると、

江口セーラ 1年 0.321 0.545 R2004

そして1年後、2年でエースになったセーラは、蔵垣るう子を含めた3年を指して、こんな扱いに。

156_3.jpg

この時点で、るう子の戦闘力2371を超えていたとして、
そこから更に強くなったセーラって、藤白七実と並ぶバケモノなんじゃ・・・

5位決定戦がちょっと楽しみですね。


さて、いつまで続くんだよ決勝前夜、最高じゃないか!というツッコミはさておき、
第156局で大事件です

なんと和の母が登場

156_4.jpg

アンタいくつだよ!?

40代前半だとしても若すぎる。

愛宕雅枝といい、Saki世界の女性は波紋法でも習得してるんですかね。

なのに熊倉トシさんは53歳でこれです

ritz_2_25_5.jpg

40代からの10年間に何が起きたんだろうか?深紅のロマンホラーである。


そして注目は遅れてきた理由

「ドレスコードに引っ掛かった」

父はノーネクタイ、娘は学生服で入れるようなお店でアウトになる格好・・・

もしかすると、

和のマイノリティな趣味って、親ゆずりなのでは!?

156_5.jpg

恵さんもヨレヨレとした吹き出しで「ああ・・」と言ってることから「例のアレか」とわかっている様子。
女将さんが覚えててくれて、別室で着替えたのかもしれませんね。

そりゃ40代のオバサンがあんな格好でお店に入ってきたら止められるわなw

でも、アリですね!(あのセリフも父ゆずりかもしれないw)

そんな和ママと、現実派で堅物な恵さんが付き合うようになった理由って・・・

たぶん、おっぱい1択。

posted by 隣の | Comment(7) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
和ママ美しすぎる…!
Posted by 絶世の美女だ…! at 2016年03月18日 23:19
トシさんも十分若すぎると思う・・・シワを指で隠すだけで美少女になるとか
先生の老けキャラを描く能力は大沼プロで尽き果てたんですね
正直なところ童顔巨乳美少女キャラはもう多すぎるんで先生の描く年相応のキャラも見てみたい
Posted by at 2016年03月18日 23:21
原村恵「これは私の趣味です…それも非常にマイノリティーな」(CV中田譲治)
Posted by   at 2016年03月19日 01:13
ドレスコード考察鋭いっす
ちなみに現実の検察官は24〜30過ぎぐらいまでまったくもってまともに子育ての暇とか無いので
和ママの年齢はパパより上のアラフィフか あるいは
ゼミのOB訪問で来たパパをロックオン寝技一本して和を産んだアラフォー の可能性が…
Posted by at 2016年03月19日 08:05
でも咲のお母さんのほうは麻雀鬼軍曹みたいな感じだと予測される。
Posted by たぬき二等兵 at 2016年03月19日 08:44
疲労感たっぷりの「ああ…」ですよね
Posted by しまねこ at 2016年03月19日 18:05
>>絶世の美女だ…! さん

若い頃は和と同じくアイドル視されてそう。
恵さん勝ち組やね!


>>正直なところ童顔巨乳美少女キャラはもう多すぎるんで先生の描く年相応のキャラも見てみたい

モブになると年相応なキャラを描いてるので、逆にいえば、モブで若々しい母とかが出てきたら要チェックですねw


>>原村恵「これは私の趣味です…それも非常にマイノリティーな」(CV中田譲治)

いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

でも、アリですね。

ないない!そんなの・・・・・・っ!



>>和ママの年齢はパパより上のアラフィフか あるいは
ゼミのOB訪問で来たパパをロックオン寝技一本して和を産んだアラフォー の可能性が…

50近くであの幼顔とボデーは、一周まわって違法ロリですねw
でもパパさんにちょっと上から目線な発言もあったし、もすかすると本当に姉さん女房な可能性ありますね。



>>たぬき二等兵 さん

「さすが我が娘」「おかげさまで」のやり取りで、母も昔は麻雀強かったと読めなくはないですよね



>>しまねこ さん

仕事のときもマイノリティな趣味全開だったりするのかもですね。
ほんとこの両極端な2人がどんな風に付き合うことになったのか描いて欲しいw
Posted by 隣の at 2016年03月20日 01:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック