宮永姉妹の真相は
2016年02月12日

宮永姉妹の真相は

西田記者が照の過去を突き止め、長年の謎がいよいよ明らかになるのか?
ここで今一度、宮永姉妹について考えてみたい。

咲の回想で登場する姉。
sakikako1.jpg

私達は照だと思って読んでいますが、どうも違和感が残ります。

1巻では、2歳差にしては身長差があり過ぎる。咲を「おまえ」と呼んでいる。
11巻では、既に阿知賀編を含めて照が描かれているのに、なぜか顔を隠している。


この女性は一体誰なのか?
その答えが宮永一家の写真にあります。
atiga20_14.jpg
前2人は幼き日の照と咲。
普通に考えれば後ろの2人は、父の宮永界と宮永母になりますが、
2人とも体のラインが女性であり、照の後ろの人は成人女性には見えない。
この2人は父母ではなく、母親と長女ではないだろうか?
つまり宮永家は3姉妹だった可能性がある。
咲の回想に登場したのは、照ではなく「長女」だとしたら、先程の違和感に合点がいきます。

また、みなもちゃんは一人っ子ですから、「おねーちゃん」と言えば照を指す言葉になりますが、
sakikako2.jpg
名前を付けて「照おねーちゃん」と言っているのは、照と長女を区別した呼び方なのでしょう。


改めてフラッシュバックシーンを見直してみると、
sakikako3.jpg
右下に燃えながら飛び出す車椅子は、みなもちゃんの出来事だとして、
左側に描かれた花は、1巻の咲の夢の中で嶺上開花を伝えた長女を表していると思われます。
喪服らしき後ろ姿や、ストレッチャーと点滴では生死まではわかりませんが、
第154局にて、宮永家の火事跡のシーンから、
sakikako4.jpg
あの火災は宮永家で起きたもので、みなもちゃんが関わっていることは確かです。
家財が焼失、みなもちゃんと長女が、瀕死の重傷を負ったか、もしくは亡くなった事で、一家離散の憂き目に遭い、
おそらくはこの惨事を起因に姉妹が仲違いして、現在に至ります。

しかしここにも違和感が存在します。
sakikako5.jpg
咲は照が怒っていると言っていますが、
照が明確に怒っている描写は一度もありません。
全国編の最終話で照が咲の名を呼びましたが、怒りを含んだ口調には感じませんでした。
「照が怒っている」というのは、咲がそう言っているだけで、
そもそも離別してから会話しておらず、麻雀を通じてなら話せる気がするという曖昧な現状に過ぎません。

一方で、154局では「叩き潰す」などと穏やかでない表現を使っています。
sakikako6.jpg
姉を慕ってインハイに出場したというより、
まるで自分と同じ土俵に引きずり降ろして、強引に口をきかせようとしているかのよう。

実は怒っているのは咲の方で
姉も自分と同じ感情だと一方的に思い込んでいるだけなのではないだろうか?

さらに「優勝する」とか「白糸台に勝つ」等ではなく、
「大将を」と名指しにして叩き潰すと言っているのも気になります。

私は以前「照は淡にみなもちゃんの影を重ねている説」を唱えています。

咲は嶺上開花を得意とし、麻雀では背景に必ず「花」が描かれます。
嶺上開花の意味を伝えたのが長女であり、フラッシュバックのシーンの花が長女を表すものだとすれば、咲が背負っているものは長女への想い。

対して、照は長女よりも、みなもちゃんへの想いがあり、それを全くの赤の他人に求めているのだとしたら、淡を叩き潰すことで、姉に思い知らせてやろうとしているのではないだろうか。
だとすれば、咲が「大将を叩き潰す」と言ったことに納得がいきます。

同じ火災の悲劇であっても、姉妹で向いている想いの先が違う。
案外と2人の確執はこの辺りにあるのかもしれません。


なにやら私達の目線が巧みに逸らされている気がします。
回想の女性を照だと思わせたり、姉妹の喧嘩により離別したと思わせるのが、立先生による"仕掛け"だとすれば、ぼかしておきたい真実が存在するということです。

立先生はサイトにて

「咲も照も過失でもなんでも人を殺したことはないし放火もしたこともないです。」

と明言しており、事情を聞いている小野監督はラジオにて

回想シーンに何かヒントが隠れてる

と発言しています。
照と咲が火災の当事者でないとすれば、宮永家に火を放った第三者がいるはずです。


ここで肝心の照はどう思っているのかを見てみると、
sakikako7.jpg
照の内面が垣間見れるこの発言。
将来が確約されるほどの才ある彼女が、そうした心情を吐露するということは、
謙遜というより、心の底から感謝を抱くような境遇にあるとも読めます。

照は宮永家の火災は事故ではなく、故意によるものだと知る。
それはシノハユのナナの失踪のように、麻雀が関係する事情があり、
事件の真相を追うには、チャンピオンになって3連覇を目指すほどの活躍が必要であることから、
家族から離れ、強豪白糸台へ入学してインハイに出場した。
そうした境遇の下で、ここに至るまでに、多くの人と出会い、支えられてきたことに感謝している。

もしもそうした事情があるのだとすれば、姉妹の関係も別の見え方が出てきます。

チャンピオンの妹が全国大会に出場して、しかもミドルチャンプの原村和と同じメンバーならば、
マスコミが注目して騒ぎ立てそうなネタですが、一切言及されておらず、情報分析が得意なフナQですら姉妹だと知りませんでした。
照の「妹はいない」などの発言は、怒りや嫌ってのことではなく、
事件に関わろうとする身であることから、
家族関係の情報を隠していたのではないだろうか。

会いに来た咲と口をきかなかったのは、妹を巻き込みたくなかった彼女の優しさだとも受け取れます。

消息が語られないみなもちゃん、未だ登場しない宮永母。
そして世界ジュニアへの展開が控えていることから、
背景にはもっと大きな闇が蠢いている予感がします。

思い込んでいる妹。言えない事情を抱えた姉。
姉妹はすれ違っているだけで、最初から喧嘩なんてしておらず、この誤解が解かれたとき、
事件の真相は、世界編に繋がってゆく鍵になるのだと思います。

世界編の先には、シノハユにも登場した世界チャンプのニーマンが立ちはだかる。
阿知賀編と本編が、和と穏乃の再会でクロスしたように、
ニーマンという共通項で、咲と慕が出会い、シノハユと繋がるのかもしれません。



ちなみに、
咲が山の頂に咲く花で、照は花に注ぐ陽の光だとすれば、
長女の名前は、嶺の花と陽を包む「宮永 天(そら)」かもしれませんね。

天照・・・そこはまたいつかの機会に。

posted by 隣の | Comment(24) | TrackBack(0) | 咲<考察> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそも中学生の咲が照に逢いに行って無視されたらしいが、中学生が1人で東京行くの危なくない?
照が怒ってるってのは確かに勘違いぽいですね

Posted by at 2016年02月12日 15:59
宮永母の登場が待たれますね
Posted by at 2016年02月12日 16:20
咲が例のフラッシュバックを起こした時、作中では8月11日であり、実は石飛閑無(28)の誕生日なんですよね。
もしかしたら、本編とシノハユとのクロスは咲と閑無の邂逅から始まるという暗示なのかもしれません。
Posted by at 2016年02月13日 01:17
な、なるほど…これは面白い仮説です。
咲にとってもそうかはともかく、
自分が相手に対して否定的な感情を持っているとき、
自分がではなく、相手に疎んじられてると思いこむことは
心理的にありえる考え方だと言いますしね。

おねーちゃんが一人だけならおねーちゃんとだけ呼べば通るわけですから
あえて照と付けているのは、別の誰かと区別するためだったというのも十分考えられることだと思います。

いずれ真相が明らかになる時が来ると思いますが、楽しみですね。
Posted by SA at 2016年02月13日 11:35
照が咲を遠ざけている理由、やはり本編の時系列でもニーマンが暗躍しているかもしれません。下手をすれば決勝戦メンバーの中にニーマンの配下がもう潜伏している可能性も。
Posted by たぬき二等兵 at 2016年02月13日 14:07
>>中学生が1人で東京行くの危なくない?

渋谷のスクランブル交差点の真ん中で「ここどこ?」て涙目なJC咲さんが見てみたいですね!



>>宮永母の登場が待たれますね

麻雀や本編のストーリーとは別に、父の宮永界さんの反応は「フン」ですからね。夫婦の間に愛はあるのか気掛かりですw



>>実は石飛閑無(28)の誕生日なんですよね。

そうか、主人公の咲さんがフラッシュバックしていたころ(おそらく)島根では、杏果ちゃんと閑無が誕生日祝ってたりしたんだろうなぁとか想像するとちょっと楽しい!



>>SA さん

余談ながら、アニメでみなもちゃんの声が照の声と同じだったのも、アニメ製作上の理由か、本編に関わる事情なのか、ヒントがありそうだなぁとおもっています。なんにせよ次週に西田記者が暴いてくれるはず・・・ですよねw



>>たぬき二等兵 さん

ニーマンの配下には四天王とかいて、咲き破れて「ククク・・・奴は四天王の中でも最弱」とかセリフがガチで出てきそうだw
Posted by 隣の at 2016年02月14日 08:20
阿知賀編のラスト同様、決勝戦の舞台の下見で何かありそうですね。もしそこで臨海メンバーと鉢合わせした場合、智葉から照との関係を尋ねられたりするのかも。
Posted by at 2016年02月15日 01:32
>>阿知賀編のラスト同様、決勝戦の舞台の下見で何かありそうですね。もしそこで臨海メンバーと鉢合わせした場合、智葉から照との関係を尋ねられたりするのかも。

咲と智葉の初顔合わせ期待できますね!
決勝舞台の下見で、清澄と白糸台が出会う可能性もあるわけか・・・ED描写で咲と照が会場廊下で会ってるシーンは、もしかするとこれかもしれませんね。
Posted by 隣の at 2016年02月15日 07:06
照の乳が回想の時より小さくなったのをずっと気にしていたんですがそうか、別人か…

咲がノースリーブの黒の服を私服にしてるのも意味深に思えてきますね
Posted by 咲大好きななし at 2016年02月20日 01:42
>> 咲大好きななし さん

照の「鉄板だな」は各所でネタにされてて、淡のおもちも肥大化がハンパないから、胸での判断は難しそう。
けど、私服は影響の面から案外とそうかもしれませんね!そこまでは見てなかったので妄想が膨らみます。
Posted by 隣の at 2016年02月20日 17:23
見事な分析です!宮永三姉妹などの設定これまで一度もおもいつきませんでした。

すみませんが、この文章転載・通訳できませんか?
Posted by midori at 2016年02月25日 15:39
>>midori さん

ありがとうございます。
転載はどうぞご自由になさってください
・・・通訳!?
英語に直すってことなんでしょうか?
ちょっとわかりませんが、私は外国語は無理っす
Posted by 隣の at 2016年02月25日 21:20
・・・通訳!?
英語に直すってことなんでしょうか?
ちょっとわかりませんが、私は外国語は無理っす
===============
ありがとう!
通訳って私を任せて(拙者は中国の咲のファンです)!
Posted by midori at 2016年02月25日 23:06
>>midori さん

パウチカムイ最高だぜ!なんて言ってる当ブログがどこまでお役に立てるかはわかりませんが、お任せしました!
中国でも咲は人気なんですね。ロシアでも咲の影響で麻雀大会が開催されてるようでし、咲すごいな・・w
Posted by 隣の at 2016年02月27日 00:55
「森林限界を超えた・・・」と話してるのは照で、長女は照だと思います。咲が「『照』お姉ちゃん」と言わないのは姉が1人しかいないからで、みなもちゃんは照と咲の妹だったのではと思っています。
みなもちゃんは咲の事を名前でも「おねーちゃん」とも呼んでいない。姉が2人(照と咲)いるなら照を「照おねーちゃん」と呼んでいてもおかしくはないという見解も合います。

あと、照の「妹はいない」発言はみなもちゃんは亡くなっているから。(咲の事は怒りの対象の為、妹と思わないようにしているから淡に聞かれても1度は否定しようとした)

それで、みなもちゃん似た淡を拾った。

と一読者として考えています。


照が本気で咲に怒りが未だにあるようには読んでいても感じはしませんし、みなもちゃんが金髪だから本当の姉妹には見えないとかも思いますが。
Posted by at 2016年03月01日 06:51
「おねーちゃん」のくだりは、どの視点で考えるかで解釈が変わってきますので、それぞれに仮説が立って興味深いところです。
次号のヤンガンで西田記者がどこまで真相を語るのか、それともまた一年間放置されるのかw
Posted by 隣の at 2016年03月03日 02:05
やはり皆様気になる所ですよね〜ぶっちゃけずっと気にしてますが照咲姉妹が確実にあうとしたら個人戦では無いですか?咲は照お姉ちゃんを怖がってる?咲は大将、照は先方ですし、麻雀ルール的にオーダは変えれないゆてるので咲と照は周囲が気になりつつも個人戦までは見送る予感しかしない…、うちの見解は車椅子の少女は末っ子または親戚かと〜火事の原因は宮永家には関係無いけど、幼い咲が予想外な火事で末っ子を見殺しにしてしまった、てのがうちの見解、だからお姉ちゃんである照は咲にやり場の無い怒りをぶつけてた
Posted by シオン at 2016年10月16日 06:17
それが元で家族仲が微妙になり離婚みたいな感じに…咲の母はプロ雀氏、だが旧姓を名乗ってるため周囲が気づかない、当初は咲の手加減で優しかった姉が実力が開花したときに照魔鏡を覚えて咲の手加減に気付き怒ってる感じかと思ってましたが火事の描写みるまでは、原因の1つかも知れませんが火事は関係ないしね(´-ω-`)いずれにしろまだ私の事を怒ってるてのが伏線ぽい、例えば仲良し3姉妹が父親は凡人w、母と家族麻雀をしてる感じ?、だと母が悪人ぽいな(笑)、ある時咲きの手加減に気付き怒る→姉が怒って喧嘩中の時に、たまたま運悪く火事が起きて3女死亡または重症で直接原因ないけど咲きの監督不届きで3女がそうなり、その後ろめたさから咲と照は仲良くしなくなったとかかもですね、いずれにしろ決勝で回りは騒ぐし何らかはありますが他家のアプローチとか、やっぱり個人戦まで引っ張りそう冷や汗、個人戦に強くなったね咲て姉妹が慰めあい抱き合うシーンが最後にみたいですね、母は口を聞いた訳だし、やはり咲と照の確執かなあ?あそこまでお互い避けてると手加減だけが原因には見えませんよね?
Posted by シオン at 2016年10月16日 06:33
咲きの母がプロ雀氏ならある程度説明がつきます、あの世界のプロはアイドル以上の人気て話出し婚約を周囲に伝えてない件…3女に対して母は英才教育をしていた、母が東京にいるのはたまたま仕事の為、強くなりたい照はついてったとか〜別居してるが離婚では無さそうだし、てのがうちの見解
Posted by シオン at 2016年10月16日 06:47
>>シオン さん

アイ・アークタンダーや「取材での」の発言をみるに、宮永母の愛さんはプロもしくは業界人でほぼ確定だと思います。
けれども、愛さんの素性に謎が深まり、火事で怪我人が出なかったのに、火事がkeyとなっている不可解さなど、様々な仮説が2転3転しそうな雲行きです。
次回、いよいよ照と咲が再会して、そこで語られるセリフから新たな事実と仮説が浮上してくるはず!
まぁ12月までお預けですけどねw
Posted by 隣の at 2016年10月16日 16:35
成る程デス(・・;φたまたま検索したら乗ってたので、やぱ皆さん気になるんですね♪animeは全部、シノハユは1巻のみ阿智は全部、単行本はつじがいとさとはが対局するあたり?14巻でしたっけ?まで買ってますが、皆さんの見解を見る限り新しい巻出てるんですかね?原作は読んで無いのですが、次のanime来年か次位で全国編続き→個人戦だと思ってますが、もしかしたらコグマまで(´・ω・`)?まだまだ楽しみは沢山デスよね…シノハユの敵みたいなのもニーマンでしたっけ?も気になりますね、宮永愛さんか(・・;φやぱそっちの人でしたか?後風越の久保貴子が気になってまして、ただのコーチにしては若いプロ雀師と会話してますし、あの人も実業団入ってるのかまたはプロか、コグマの監督とかかと睨んでいますが、wikiで調べても乗ってないし、ただの強豪校のOBコーチてだけでは無いと思うんですよね…コグマのために開いた合宿て話出し、あれも貴子さんとカツ丼プロが企画したとかゆてましたし、伏線だらけでまだまだ楽しみは多いですよね(笑)
Posted by シオン at 2016年10月16日 18:56
いや原作は読んでますね(笑)週刊誌?月刊誌?とかは読んでないとゆう意味です(;^_^A
Posted by シオン at 2016年10月16日 19:06
1から楽しみにブログ読ませて頂きますね(/-\*)
Posted by シオン at 2016年10月16日 19:07
火事で亡くなったのがみなも。
火事を境に行方不明になったのが愛。
経緯は不明だけどみなも母に照が預けられることに。←インタビューに応える照の母親が愛ではない。

本当は咲がみなも母に預けられる予定だったけど嫌がった為?←まだ怒ってるんだの内訳。


と考えてみました。
Posted by at 2017年01月12日 01:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433722952

この記事へのトラックバック