シノハユ27話 小学生編が終る・・鬱だ死のう
2015年11月25日

シノハユ27話 小学生編が終る・・鬱だ死のう

修学旅行編の幕開けに、厳島神社と6年生女子の入浴シーンにテンション荒ぶっていたら、
後半から一気に時間が加速して、それぞれの1年が過ぎてゆく・・

shinohayu27_1.jpg
心ちゃんと面汚しさんが仲良くなってる!
これは、あれだ。心ちゃんの飛ばされた帽子を拾ったのは若菜ちゃんだったに違いない。ちょろすぎるよ。
こんなとこで油売ってていいのか若菜ちゃん。君の時給は高いんだろ?
きっと二人の仲はプライスレスなんだろうね!



shinohayu27_2.jpg
吉野の風景追加。
晴絵の着ているマフラーって、後々に宥姉へ手渡したもの。なんて設定があるかもですね。
灼には内緒だよ♪



shinohayu27_3.jpg
26話の心ちゃんとの電話で、ニワチョコがたまに会っているとの会話と、半袖なので季節は夏ですから、 大会が終って直ぐに、少なくとも2回以上、
24話の扉絵では、秋の東山動物園での2人、そして今回のクリスマス。
半年でどんだけ会ってんだよ。カップルかよw



そして慕もいよいよ中学生へ。

shinohayu27_4.jpg
あざとい
上目使いでこのポーズ。
誘ってるとしか思えない。条例なんて破るためにあるものさ!
彼の前で初めて制服を着せ見せて、こんな仕草で「初恋の子、思い出した?」て言葉。
明らかに「初恋の思い出よりも、目の前のワタシの方が可愛いでしょう?」て振りですよ。
こんな恋愛テクを使えるようになった慕ちゃんも「女」ということなんだろうね
リチャードソンは容赦なく一刀両断にするわけですが、彼は人生の選択を誤った。

余裕ぶっていられるのは今の内だけですよ
「初恋の子」なんてセリフが出てくるということは、
中学生になったら、慕ちゃんを好きになる男子が現れるってことです!


リチャードソンに恋のライバル出現するどころか、保護者として親としても心穏やかではいられない。
もしも慕ちゃんと彼が付き合うことになってしまったら、
猟銃を磨きながら「彼を紹介しなさい」と般若の形相で微笑みかけることだろう。

中学生ともなれば、ピュアに手を繋ぐだけでは済まされない
慕ちゃんがリチャードソン以外の男子とキスをするシーンだって・・・あぁ書いてて血の涙が出てきたよ・・
シノハユで中学生の恋愛模様が描かれることになれば、
百合の楽園に浸っているsaki界隈に激震が走るに違いない。
麻雀そっちのけで大荒れしそうな中学生編、戦々恐々です。

あと、中学生編になったら、向村くんの出番を是非にw

posted by 隣の | Comment(5) | TrackBack(0) | シノハユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シノリチャきてる
Posted by at 2015年11月25日 18:25
この年であざとさを覚えたしのちゃん(21)にケツの毛までむしり取られたい
Posted by 久は俺の嫁 at 2015年11月26日 01:48
>>シノリチャきてる

ここ最近、慕ちゃんが成長したせいか、リチャを意識してるような描写が少し見えますね。
中学生に入ったら、そらもう!きちゃいますよねw


>>久は俺の嫁 さん

21歳てリアル過ぎるw
この年齢になるころには、両手両足の指では足りないほどの人を虜にしてるんだろうなぁ
私の中で慕ちゃんは小6で止まってるんですけどね(現実逃避)
Posted by 隣の at 2015年11月26日 23:29
ニワチョコは互いに会う前から親同士が決めた許嫁なんだ…。きっと。

あきらかにリチャは人生の選択誤ったと思う。
このまま行けば
「叔父さんは初恋の子にどんなことしたの?」
「叔父さんすごくドキドキしてるよ?」
と滅茶苦茶(ryコースだったのに。

既に慕ちゃんが好きな男の子ならいるはずだ…。いやいなければおかしい。
これだけの男女を魅了する慕ちゃんなら一回二回は告白されてなければおかしい…。(同性含め)
でも慕ちゃんは「好きな人(リチャ)がいるから」と断るはず…。

JD慕ちゃんに迫られたい。(ぇ
Posted by jyushisirin at 2015年11月29日 10:41
>>jyushisirin さん

リチャードソンの初恋の人って、慕ちゃんには似てないんだろうね。どんな人がタイプなんだろう。
というか、彼女いたことあるのだろうか・・・まさか、童・・。


慕ちゃんは麻雀大会で有名人ですから、男子から密かに恋心を抱かれる可能性ありますね!
慕ちゃんの縦笛は無事だったのか気になりますw
Posted by 隣の at 2015年11月29日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430241243

この記事へのトラックバック