「玄の誕生日」のアニメ化で気になるポイント
2015年03月13日

「玄の誕生日」のアニメ化で気になるポイント

全国編1巻の特典コミックに収録されていた「玄の誕生日」が遂にアニメ化。
3月18日発売を控え、事前にチェックしたい項目をまとめてみました。


 小物の特定

kurotan1.jpg
玄のデジカメはSAKIXと書かれていますが、アニメ化の際には実際の製品と同じ機種が描かれるはず。
また、宥のおしるこ缶に色が付いて、それぞれ特定が容易になるでしょう。
大阪への聖地巡礼の際には、現地で暖かいおしるこ缶を飲むまでがセットです。
冬はいいけど夏はハードル高そうですw
そこは「さすがに暑くて」の台詞までがお約束。





 バスは出るのか

アイドルグループを無理からに千里山枠に押し込んだせいで、
渋谷尭深もお茶噴くレベルのエセ関西人が誕生しました。
しかも彼女達はオーディオコメンタリーで「関西弁はもう大丈夫!」と豪語していたのだから吉本新喜劇ばりにテーブルごとひっくり返りましたよw
あの千里山が帰ってくる!
声優としてどれだけ成長したのかパンドラの箱を開けるようなドキドキで一杯です。




 細かいところで繋がっている

kurotan2.jpg
妙な生物プリントの服に心奪われる灼さん

実は咲日和3巻の巻頭でこれを着ているのです。
kurotan3.jpg
玄ちゃんのプレゼントついでにちゃっかり購入してたんですねw
何気にスピンオフ同士が交差するポイントですから、ここの件をどう描くかで、今夏にアニメ化する咲日和にも期待が持てそうです。



 穏乃さん何やってんの

kurotan4.jpg
冒頭のコマで「おや?」と感じました。
場所は憧ちゃんの家の吉水神社の前ですが、ここから先は上千本・奥千本と山の奥へと続いており、
憧と穏乃は山から下る方向で下校しているのです。
その方向に阿知賀女子はありません。

ところが、先行公開された絵コンテでは、憧は上る方向に修正されています。
kurotan5.jpg

また、阿知賀女子の場所は、設定資料とアニメでは位置は逆で、山向こうに建っています。
kurotan6.jpg
もしもアニメの方が正しいのだとすれば、
やはり阿知賀のメンバーはバスかケーブルで下って、隣山へ登校していることになります。

この頃の憧ちゃんは阿太峯中ですが、阿知賀の部室で特訓の毎日です。
晴絵から明日は久々に練習を休めと言われた事と、憧の家に向かっていることから、
部活の帰りの1シーンだと思われます。

ところが、何故か一緒に下校していません。
それどころか穏乃は逆方向から走ってきます。


もしかすると穏乃さんは、部活帰りにちょっとコンビニに寄るような感覚で、制服のまま山の中を駆け回ってきた後なのかもしれませんねw




 忘れて・・ないよね?

3月15日の玄ちゃんの誕生日を祝うべく、大阪まで出向いてデジカメを買ったわけですが
kurotan7.JPG
前日の3月14日は、新子 望さんの誕生日です
憧ちゃんに祝って貰えたのだろうか・・・。

posted by 隣の | Comment(4) | TrackBack(0) | 阿知賀編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私事ですが先日、新しいデジカメを購入しました。スマホで十分なのではとも思っていたのですがやはり撮影に特化しているだけはありますね、質も良いし使いやすい。最近のデジカメって凄いんだなぁと感じました。玄ちゃん達も沢山の思い出をカメラに納めて欲しいですね。

改めて、灼の服装は独特のセンスですね。同学年、同じ部活の玄ちゃんは彼女の服装を気遣って苦労しているのでしょうか。
Posted by はやりママ並の感想 at 2015年03月13日 23:03
この記事で思い出しましたが先月スタイルキューブ高校から旧船Q、怜竜に続いて新船Qも脱退したようですね
阿知賀編は犠牲となったのだ・・・
Posted by at 2015年03月14日 07:01
>>はやりママ並の感想 さん

やっぱり聖地巡礼の際にはデジカメ重宝しますね。今回のアニメ化で玄と同じ機種に買えるコアなファンも出てきそう
あと、玄ちゃんはファッションよりもオモチ重視派だと思うのであまり見てないかもw



>>阿知賀編は犠牲となったのだ・・・

次世代アイドルの有珠山のユキちゃんに、アイドルを無理からに捻じ込んでこないか少々心配です。
でも「バスが出るデー」の名言を打ち立てた実績もあるわけだし、怖いものみたさもありますw
Posted by 隣の at 2015年03月14日 21:44
>次世代アイドルの有珠山のユキちゃんに、アイドルを無理からに捻じ込んでこないか
君も大の大人なら「きらりんレボリューション」というアニメが懐かしいでしょう
アイカツが放映されるより6.5年も前、まだアイドルアニメの可能性に誰も気付いていなかった時代、現実のアイドルを前面に売り出して一時期とはいえプリキュアに勝ったぞ
Posted by at 2015年03月28日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415539719

この記事へのトラックバック