シノハユ15話 幸あれ
2014年11月25日

シノハユ15話 幸あれ

shinohayu15_1.jpg
「マージャンキー慕」
子供のころから麻雀狂いとまで言われてしまうとは!
白築慕(28)の頃にはプロ雀師たちのような麻雀以外はポンコツな未来が見えてきそうで怖いw

慕ちゃんは俺の嫁!と息巻くファンは多いけど、リアルで考えてみると、
いくら料理が上手で健気な性格だったとしても、会話から生活まで全て麻雀!麻雀!麻雀でニヤニヤな28歳女性て怖いわ!
例えるなら、イケメンだけど会話の内容が全て咲ネタに変換されるオタクなんて周りからすればドン引きですよねw
やっぱり慕ちゃんにはリチャードソンがお似合いなのです。

そして優勝したことで、次回いよいよ慕ちゃんの東京編へ!
shinohayu15_2.jpg
ナチュラルに抱っこができてしまう2人の関係。良いものだな。
全国大会で幼少時のプロたちと出会うエピソードとか、ナナが登場するかもしれないとか、この際どうでもいいんです。
東京には当然リチャードソンも付いてくる。
2人きりの旅行なんですよ!
一緒に東京見物したり、ホテルに泊ったりと、イベントが目白押し!
立先生曰く、小学生編がしばらく続くとのことなので、そのしばらくの間に、酒を浴びるくらいシノリチャで酔わせて欲しいものです。




さて、悠彗編の終りに差し掛かって、なんと新キャラが登場です

森脇 曖奈ちゃん。
shinohayu15_3.jpg
この辺りでは敵なしで1年からレギュラー入りを果たし、既にインハイを視野に入れている実力者。

この前振りの感じ・・

これ小走先輩の枠やw

僅か数コマでズダボロに負かされるんだろうね!
そしてこの子も本編に戻れば29歳で崖っぷちなんですよね。
曖奈ちゃんに幸あらんことを。


それにしても曖奈ちゃんの目と口と喋り方

shinohayu15_4.jpg
似てるよなぁ・・
どこかで繋がりがあると面白そうだ



posted by 隣の | Comment(9) | TrackBack(0) | シノハユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シノチャーは時間さえあれば天鳳鬼打ちしてる私が引き取ってあげるしかないね(ニッコリ
Posted by at 2014年11月25日 18:55
崖っぷちというか、もう幸せな家庭をもってるかも
Posted by at 2014年11月25日 20:06
麻雀狂いのシノがプロの世界にいないことを考えたらわかると思うけど
実際は麻雀狂い(俺に出会うまで)だからね
今は俺と幸せにくらしてるよ
Posted by at 2014年11月25日 21:24
シノチャーが麻雀狂いなら、あんたはシノリチャ狂いだね!

かく言う私も……。
Posted by at 2014年11月26日 18:27
>>シノチャーは時間さえあれば天鳳鬼打ちしてる私が引き取ってあげるしかないね(ニッコリ

仕事でヘトヘトになって帰宅したら「麻雀しよ!」
日曜早朝から起こされて「麻雀しよ!」
それが365日続いたら家庭崩壊するかもしれないw



>>崖っぷちというか、もう幸せな家庭をもってるかも

そうであって欲しい。
子供にミルクを上げながら悠彗の相談に乗ってるママさんみたいな姿を想像したw



>>実際は麻雀狂い(俺に出会うまで)だからね
>>今は俺と幸せにくらしてるよ

おかしいな。慕ちゃんは私のベッドで寝息立ててるよ?
(咲ファン基本こんなのばかりw)



>>シノチャーが麻雀狂いなら、あんたはシノリチャ狂いだね!

私は普通ですよ!(自覚無しの重病患者は大抵こういいますw)
Posted by 隣の at 2014年11月26日 20:31
>>イケメンだけど会話の内容が全て咲ネタに変換されるオタク
相変わらず例えがひどいw
流石にそういうのは頭の中だけのつもりですよーぅ
Posted by ヌコチャー at 2014年11月26日 22:41
>>ヌコチャー さん

大丈夫です。イケメンではないので皆さん該当致しません!(これもひどいw)
Posted by 隣の at 2014年11月27日 00:12
>イケメンだけど会話の内容が全て咲ネタに変換されるオタクなんて周りからすればドン引きですよねw

「出しちゃうかーついにそれを」等の咲フレーズを会話の節々で利用してもバレてない私はセーフ
Posted by 久は俺の嫁 at 2014年11月29日 00:44
>>久は俺の嫁 さん

「いつからバレてないと錯覚していた?」
Posted by 隣の at 2014年11月29日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック