清澄と阿知賀がモテないのはどう考えてもお前らが悪い
2014年08月12日

清澄と阿知賀がモテないのはどう考えてもお前らが悪い

sakimote1.jpg
久美子ちゃん仕事早いな!
いつの間に書いたのだろう?
和と久美子たちはインタビュー後もプレスルームで準決勝が決着する夜まで観戦しています。
一方、阿知賀は試合後、新ステージを見に行き、すこやんと対面。
ホテルへ帰り、晴絵が呼び出しで外出(シノハユ0話)メンバーは就寝。
翌日はホテルで麻雀の特訓(全国編最終話)

つまり阿知賀にインタビューすること無く、和の話だけで記事を書いているのです。
しかも和から得られたのは、奈良に居た頃に阿知賀の3人と友達だったという情報のみ。
そんな断片的な情報だけで、翌日の中堅戦終りには原稿の確認に入っているわけです。
たった一晩で書き上げるなんて、お前はジェバンニか!

そもそも和に取材しなくても、阿知賀の全国への目的が明確なのですから、阿知賀を取材していれば、必然的に和との関係が見えてくるはずなのに、
実際に和と穏乃が再会するまで、この事実を知らなかった。
sakimote2.jpg
それどころか、千里山を下し白糸台を抑え、トップ通過で決勝進出を果たすほどの注目株のはずが、
記者が群がってのインタビュー攻めや、TVや新聞等で大々的に取り上げられている様子もありません。
sakimote3.jpg
この時点でさえ、予選でインハイ常連の晩成を破り、2回戦までコマを進め、実力的に評価されるはずの高校なのにスルーされています。


同様に清澄も全く相手にされていません。

龍門渕の天江選手の圧倒的優位から逆転勝利を収めた大将が長野の個人戦3位になっているのに、
個人戦4位も清澄の中堅で、インハイ1回戦では他校を飛ばした鮮やかな勝利を決めたのに、
メディアは「ミドルチャンプの原村和を擁する」という紹介で和以外は眼中にありません。

どうやらsakiの世界では、今期の活躍よりも昨年の実績が重要視される傾向にあるようです。

何故このような事が起こるのか。
私達は卓上での能力の具現化を見ているので、異能の力を当たり前のように理解できていますが、
一般人であるマスコミは、麻雀とは運の要素が強い競技だという認識であって、牌の支配やら神の降臨なんてオカルトでしかありません。
ですから阿知賀や清澄が快進撃を続けても、怜さんの言葉を借りれば「運良く苦もなく勝てたんで」程度でしか見えていない訳です。
能力者あるトッププロ達が解説しても、普通の麻雀としての視点しか持たない人にとっては、
地動説が常識である現代社会で、宗教的な天動説を唱えても理解されないようなものです。


彼らは取材を怠っているわけではありません。
例えば選手個人についてのエピソードなど、臨海の例にあるように、
sakimote4.jpg
メンバーすら知らなかった情報を掴んでいたりと、取材能力は高い。

一部には清澄の存在を注視する人もいます。
ところが現場はデスクの指示などお構いなし。
sakimote5.jpg
初出場校は運で勝ち上がってきたとして相手にせず、有名人だけを追い続けている為、偏った視点や思考に囚われているのです。
そういった人たちが書いた記事を世間の人が読むわけですから、能力どころか、清澄や阿知賀が注目されないのは当然の事。
現実社会でのメディアの偏向報道っぷりは漫画でも再現されているわけです。

宮永咲の登場により、西田記者が照の母校である小学校へ訪れています。
sakimote6.jpg
しかし注意すべきは、姉妹の謎ではなく、照の過去を追いかけている点。
冒頭で述べた、和と阿知賀の関係のように、マスコミは片方からしか取材をしない。
ここに業界の偏向体質を利用した立先生による仕掛けがなされるとみています。
つまり、照の過去が明かされるとき、照の視点からの事件の大筋に留まり、読者にそれが全てだと思い込ませてしまうわけです。
そこには必ず、事件の核心部に迫る、咲側からのエピソードのフラグが隠されていると心に留めておくべきでしょう。
メディアに惑わされてはいけない。

posted by 隣の | Comment(7) | TrackBack(0) | 咲<考察> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなマスゴミだが必ずしも人に害をなすとは限らない。
昨年のインターミドルが過去最高視聴率だったことで、今年高校デビューした淡のような原石も発掘できたのだから。
しいては、顔の美しいは七難隠す社会的価値観がユキちゃんを救った。
Posted by   at 2014年08月12日 12:39
阿知賀、清澄のマスコミの態度はおかしいです
舟Qやトシさんは優秀
宮永咲の打ち方とかあきらかに異常
全国で松実の姉もかなり圧勝してプラスなのに
竹井久も強い
Posted by (・Д・)ノ at 2014年08月12日 14:53
清澄の県決勝大将戦は、“最終的な収支だけ”見ると
「大将戦開始時のリードをギリギリ守って逃げ切った」
という風に映ってしまうので、地区予選の試合内容まで全部チェックしている人以外は清澄ノーマークなのも仕方ない気はします。

同じように、収支しか知らないと
「昨年大暴れした龍門渕の大エースは、今年は3万点台しか稼げず敗退」
ということになり、長野のレベルが下がったとの誤解を生んだ一因になってそう。
Posted by at 2014年08月12日 23:13
はやりんは初出場の有珠山を取り上げたり、藤田プロは衣に注目したり、トシさんは咲のことを評価したりで、プロの人たちはちゃんとわかっている中で、マスコミの評価を低いのは意図的な描写なんだろうなぁ・・・と思いました。
ずっと気になっていることとしては藤田プロの久の評価はどうなんだろう?
和や咲に対してはそれなりに注目している節はあるけど、久に対しては何もないんだよね・・・
Posted by at 2014年08月13日 00:03
>>(・Д・)ノ さん

より視聴率が取れるもの、話題性があるもの、真実よりも注目度が最優先される
たぶん優秀な記者がいて、清澄の記事を書いたとしても、編集長に「そんなのはいいんだよ!原村のエロイの持ってこい!」とか叩き返されたりしているのかもですw


>>収支しか知らないと
>>「昨年大暴れした龍門渕の大エースは、今年は3万点台しか稼げず敗退」
>>ということになり、長野のレベルが下がったとの誤解を生んだ一因になってそう。

本来はこれが普通なんでしょうね。
まさか卓上で出火したり、釣竿や鎖や爆弾やボーリングが乱舞したり、天空に向かってキャノンを打ち上げてるとは夢にも思わないわけでw



>>ずっと気になっていることとしては藤田プロの久の評価はどうなんだろう?
>>和や咲に対してはそれなりに注目している節はあるけど、久に対しては何もないんだよね・・・

断片的には久と藤田プロの過去が描かれていましたから、評価をつけたくても言えない関係なのかもしれないw
あの藤田プロの態度を懐柔させる何かがあった。気になります。
Posted by 隣の at 2014年08月14日 00:45
久美子ちゃんの死亡フラグだったりして。
Posted by at 2014年10月13日 23:52
>>久美子ちゃんの死亡フラグだったりして。

「嫌な事件だったね・・」
作品変わってしまうw
Posted by 隣の at 2014年10月14日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック