風越のキャプテンに「久」と呼ばせた理由
2014年06月13日

風越のキャプテンに「久」と呼ばせた理由

6月15日の咲-saki-オンリー同人誌即売会の会場にて、立先生のサイト更新の内容について考察妄想議論する「咲-Saki-研究討論会(仮)」という面白そうなイベントが開催されるとの事ですが、
物理的に参加できないので、せめてブログ上から参加しようと、「京太郎と咲の関係。そして彼の今後は・・」の考察に続き、
今回は久さんの名前呼びの項目について考えてみようと思います。

第123局で部長を最後に呼んでいるのは福路キャプテンです。
呼び捨てには躊躇ある人だったのですが部長の強制で名前呼びになっています。
huu1.jpg
久と美穂子との仲を応援するファンにとっては、この確定は歓喜と妄想が噴出する朗報でした。
もちろん突然そうなったわけでなく、久は合宿で加治木ゆみと下の名前で呼び合う仲になるくらいですから、美穂子に名前呼びをさせるのは当然至極の流れといえます。

しかしそこには、立先生による、もうひとつの思惑があったのではないだろうか。

それは風評被害の瓦解。

風越のキャプテンといえば「上埜さん」ネタです。
ストーカーのような妄想恋愛日記を書き綴り、ヤンデレ気味に「上埜さん」を連呼して、一時期は病院から抜け出したとまで言われる始末の彼女。
しかし今回、久と美穂子が親密になることで、一方的な妄言がネタにならなくなり、
下の名で呼ぶことで「上埜さん」ネタが使えなくなったわけです。

同様の事が阿知賀編でも行われています。
それが憧ちゃんです。
男遊びな素振りなど見せたことも無いのに、勝手な思いつきでネタにしたものが悪ノリを重ねて連鎖的に一気に広まり、いつしか援交キャラが定着してしまった。
そのイメージを払拭するかの如く、こんな一場面が描かれています。
huu2.jpg
男子に不慣れで焦る一面を見せることで、
援交ネタは未だ残るものの、以降は下火になってゆきました。

どちらも公式設定化を加筆することで、キャラの歪んだ独り歩きを修正しているわけです。

思い返せば、穏乃が準決勝になってから制服を着用したのも、当初にあったジャージ不人気やサル呼ばわりからのテコ入れだったのかもしれませんね。


ネタをネタとして楽しむのはアリだと思います。休載続きの中でそれくらいの遊びの幅が無ければ廃れてしまいますから。
ただ、ネタが膨脹を続け暴走したり、キャラクター性があらぬ方向に捻じ曲げられ、それらが定着してゆくのは、設定厨の立先生からすれば、そこは是正したかったのでしょう。
もちろんファンによるネタですから、ネタにマジレスすれば「いいから本編描けよ」と突っ込まれるのがオチです。
だから本編にて自然な形で新たな設定を加えることで、私達に「違うんだよ」とメッセージを送ったのかもしれません。

いずれにせよ、行き過ぎた風評被害は今後も作品中で軌道修正されてゆくものだと思われます。

というわけで、


次は決勝でマタンゴさんが大活躍する予感!w
matango_hu.jpg


逆に言えば、立先生が風評と反するものを描いてくれるわけですから・・・

小学生の慕ちゃんがリチャードソンとラッキースケベな展開なんてあるわけないだろ!という風評を定着させれば・・・ゴクリ

posted by 隣の | Comment(7) | TrackBack(0) | 咲<考察> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、そうかもしれませんね!
Posted by at 2014年06月14日 02:52
よし、記事中最後の一文に出た風評を広めに行こうっと
Posted by 名無し at 2014年06月14日 11:03
福路さんが荒川病院の精神科に入院ってのはそもそも二次創作によるネタにしか過ぎないはずだ。
Posted by たぬき at 2014年06月14日 18:20
↑ 二次創作ネタも節度を守ろうねって話じゃない?

本来なら説明するまでもないことについてアナウンスがあったということは、「久と呼んだのはかじゅ or 山」等の話を原作者に向かって言った人がいるわけだし……
Posted by at 2014年06月14日 21:04
>>なるほど、そうかもしれませんね!

もう一人。あまりのインパクトから名言と様々なネタと生んだ小走先輩にも、何らかのテコ入れがあると期待してしまいますw


>>よし、記事中最後の一文に出た風評を広めに行こうっと

シノチャーの一文は、例え突っ込まれても「健全な関係で良いことですよ?」と逃げ道がありますので、広めていきましょう!無理だろうけど^^;


>>たぬき さん

>>本来なら説明するまでもないことについてアナウンスがあったということは、「久と呼んだのはかじゅ or 山」等の話を原作者に向かって言った人がいるわけだし……

ネタはネタとして楽しみたいところですが、面倒なメールもあるようですし、立先生の細かい性格も相俟って、これが修正だとすれば何らかの影響はあったのかもしれませんね
Posted by 隣の at 2014年06月15日 10:35
まあネタ動画とかアンチが付く、人気漫画の有名税?じゃないですかね
個人的には、脱がせるだけしか脳が無く、作者の管理というかサポートができてない編集部がアレなんじゃないかと思ってますが
あとアコチャーについて語ると長くなるので自重しますw
しのリチャ?ノンノン、シリーズ間違えてますですよ管理人、ここははやしのでよろ。
Posted by ヌコチャー at 2014年06月15日 23:25
>>ヌコチャー さん

閑慕じゃなく、はや慕ですか・・もしそうなると閑無ちゃんの心が折れそうで怖いですw
あと、編集部は、1人でロケに出かけて骨折するわ、コミュ嫌いか拘りが過ぎるのか、アシ受け入れず1人でトーン貼りやって原稿落としかけるわで、こんな原作者とても扱いきれねぇよ!て感じなのかもしれませんねw
Posted by 隣の at 2014年06月16日 01:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399382609

この記事へのトラックバック