京太郎と咲の関係。そして彼の今後は・・
2014年05月30日

京太郎と咲の関係。そして彼の今後は・・

立先生のサイトより。
京ちゃんは中学時代はハンドボール部で県予選の決勝まで行きました。
彼の清澄入学時期の話もネーム自体はあるのですがどこに差し込んだらいいやら。

182cmのイケメンでスポーツ有能。女子からは歓声が上がりそうな有望株ですが、
彼の傍にいるのは目立たない読書少女というアンバランスさ。

そもそも中学で同じクラスといえど、ハンドボールに打ち込んでいた京太郎と、ぼっちな読書少女の咲とでは、出会いの接点がない。
ましてや衣から「相変わらず人付き合いが悪い」と言われるコミュ能力に難アリの咲から近付いたとは考え難い。
なのにお互いを名前で呼び合う間柄です。
中学のエピソードが不明な為、何がそうさせたのかはわかりませんが、
京太郎の方から近付いてゆき、しかも「須賀くん」「京太郎くん」よりも更に親密な「京ちゃん」と呼ばれるまで、昼休みや忙しい部活の合間を縫って、かなり積極的に何度も話しかけていたのでしょう。
まるでギャルゲーの攻略並みの熱心さですw
そしてハンドボールの道よりも、咲と同じ高校へ進むわけですから、これで意識してないとか言ったらホモだと疑われても仕方が無いw

kyoutaro1.jpg
こんな場所で制服のまま寝てしまう咲さんもどうかと思いますが
当たり前のようにそこへ赴く京太郎も理解度が半端ないw

恋愛感情があるか否かは別として、彼にとって咲は常に気に掛けている存在であるのは確かなようです。


対して、咲はどう想っているのか
kyoutaro2.jpg
連載当初の漫画設定云々な話は抜きにして、恋心というよりも、付き合いの長さからわかる「相変わらずの京太郎」への反応という感じに近い。
インハイ出場と照との再会に頭がいっぱいという事もあり、以後は絡むシーンは殆ど見られず、関係が希薄になっていることから、特に意識していないように見えますが、作中時間は初夏から夏の数ヶ月しか経っておらず、中学から重ねた時間を考えると、これくらいの距離はいつものことなのかもしれない。
咲の過去が語られていない以上、最も付き合いの長い京太郎への感情もまた不明なままです。

ちなみに、京太郎の和への感情は、憧れの範疇だと思います。
アニメでは福路美穂子にも同様に頬を緩めており、アイドルと恋人は別物であるように、愛でる対象であって、一緒の部活に居ても全くアプローチをしていないところをみると、特別な感情は無い模様。



今回、立先生が言及したネームは清澄入学時期のものなので、 麻雀を始めたきっかけが描かれているようです。
第一話で、まだ役もロクに知らないと言ってることから、麻雀に触れたのは入学後です。
おそらくは、マスコミ取材を受ける有名人の和を見かけて、麻雀に興味を持ち始めたと思われます。
そして和がミドルチャンプだと知れば、当然インハイチャンプである照の存在も知り、咲との関係に気付くのにそう時間はかからない。
中学時代が依然謎のままなので、どの段階で姉妹関係を知っていたかはわかりませんが、察して語らず。
kyoutaro3.jpg
しかしナチュラルに咲がのってくるようにもっていく辺り、流石コミュ力が高い。私達も見習わねばなりません。
※但しイケメンに限る

初めて手にした麻雀はどんな風に映ったのか、そして咲をどう見ていたのか、
京太郎視点からの第一話に繋がるエピソードは是非見てみたいものです。


さて、ここまで書き綴ってきましたが、判明したのは彼のクラブ活動の実績だけで、出会いから現在に至るまでの重要なコアがすっぽり抜けているんです。
見方を変えると、照が白糸台へ進んだ頃、咲は中学生ですから、姉妹の過去を語る際に、何らかの形で京太郎が絡んでいる可能性がありそうです。
この辺りは、また別の物語となるでしょうから楽しみに待つことにしましょう。


ただ、ハンドボールで県予選決勝まで進んだ実力者でありながら、その道を閉ざしてしまった現在の彼を見るに、
努力、敗北、挫折、様々な葛藤があったと想像がつきます。

道半ばにして夢破れた彼が、麻雀部女子が全国大会へ出場して、決勝の舞台に立つ姿を、
手が届くほど直ぐ傍に居ながらも、決して当事者には成れない一歩離れた立場から見守りながら、
かつての自分を投影して何かを感じるときが来るのではないかと思うのです。


彼が何を想い、どんな道を歩むのか、
もしも咲が試合に負けたとき、どんな言葉をかけてあげられるのか。
京太郎の真価は、決勝か個人戦後あたりに訪れると予想しています。

posted by 隣の | Comment(17) | TrackBack(0) | 咲<考察> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的には前半苦戦しつつも終盤の圧倒的魔王咲さんが好きなんですがネットに毒され過ぎですかねw
あと管理人さん!咲さんをぼっちキャラとかコミュ障とか友達0とか天然アピール&露骨な人間アピールが超あざとい魔王of魔王って決めつけるなんて、ひどすぎるで!
咲さんかわいいやろ!
Posted by ヌコチャー at 2014年05月30日 22:17
僕は京タコ派です
Posted by at 2014年05月31日 12:35
誰が何を言おうと京咲派です(血涙)
Posted by at 2014年05月31日 14:16
ただのストーカーですね
Posted by at 2014年05月31日 19:50
>>ヌコチャー さん

咲さんは麻雀部以外と自分から馴れ合うこともなく1人で読書にふけっているので、客観的にぼっちなのですが、天然アピールとかあざといとは言ってない言ってないww


>>僕は京タコ派です

>>誰が何を言おうと京咲派です(血涙)

そんな私はシノリチャ派です!
世間にはロッカー派もいるらしいですがw
百合も美味しいのですが、やはりノーマルな男女の恋愛が見てみたい所存。
意表を突いて京シズになって三角関係の泥沼とかは勘弁です・・・いや、見てみたいなw


>>ただのストーカーですね

ところがイケメンという冠が付くと、どんな行為でも純愛に変わってしまうのが現実!w
Posted by 隣の at 2014年05月31日 22:45
咲さんはぼっちというか、ソロ充って感じっすね。
友達ほしくないわけじゃないけど、一人でいる時間も好きだからあまり気にしてない、って感じ。
改めて見ると穏乃ともちょっと似ている気がする。

咲さんがハンドボール部のマネージャーやってたって説もどこかで見たけど、なかなか面白いと思う。
似合わないことやって色々ドジを積み重ねて、あの京ちゃんによる咲さん評につながるんだとしたら結構自然。
Posted by at 2014年06月02日 18:08
一ちゃんのフィギュアが絆創膏?みたいな情報を入手したのですが、
管理人さん、人b…ブログのネタにひとつ購入してみてはいかがでしょうか?
仲間を呼ぶかもしれませんが、咲はシリーズが少ないから大丈夫やで!
Posted by ヌコチャー at 2014年06月02日 23:16
>>友達ほしくないわけじゃないけど、一人でいる時間も好きだからあまり気にしてない、って感じ。
改めて見ると穏乃ともちょっと似ている気がする。

言われてみれば共通点ですね。
ただシズの場合、山奥まで付いてこれる人が居なかっただけかもしれませんがw

ハンドボール部のマネージャー説は面白そうだけど、個人的にはピンとこないです
メンバーの面倒を見れる、もしくは見ようと思い立つような咲さんでは無さそうなのでw
もし京太郎に強引に誘われたとしても、彼女のマネージメントで県大会予選決勝まで行けたか怪しいですw



>>ヌコチャー さん

一ちゃんのフィギュアというより、店頭のディスプレーで絆創膏を見れれば満足かなぁ
もしもこれが慕ちゃんだったら、布教用、保存用、「ピー(禁止用語)」用で即買ですがw
Posted by 隣の at 2014年06月05日 20:12
中学で運動部に入ってて県大会の決勝まで行ってるとなると、少なくとも軽い見た目とは裏腹に相応の努力家ではあった筈ですね。
多分、レギュラーになったのって中学2年生の時じゃないかと思ったり。
だから自分を含めた部全体の状況を把握し、自分の立場を理解した上で裏方に専念してるんじゃないかと思います。

恐らくはハンド部入部の時も最初は雑用こそなくとも補欠だったはずですし
Posted by at 2015年01月19日 02:00
女子大会なのに控室入りをしてる京太郎は、他校からみれば異端なんですよね。
それでも愚痴を溢しながらもレギュラー陣のために雑用をこなしているのですから、彼のハンドボール時代の経験から、立場を理解したうえでの行動なのでしょうね。
出場者は対戦中にエピソードに入るけど、京太郎は果たしてどこで・・・
ネームがあるという彼の物語はかなり期待してます。
Posted by 隣の at 2015年01月19日 23:24
清澄麻雀部は久が顧問の仕事(大会の手配から強化計画の他校との折衝)、議会長の仕事に自分の進路と新人を指導する余裕は無いでしょうし、まこも家業の都合から部に専念は難しい。
仮に顧問が居たり、まこの実家に余裕が有り部に専念できる状況だったとしても久達5人と京太郎とのレベルが隔絶していて伸びるとは思えません。
清澄の場合、偶然全国区上位陣のメンバーとバックアップのマネージャーが来たと、ありえない幸運による一過性の物で初心者、新人を育てる土壌が存在しません。
久が伝手でプロに指導を依頼する。風越に頼んで二軍か三軍に混ぜて貰う。レベル差を理由に大会終了後に退部して外部協力者になる。もしくは新人育成が出来る学校に転校してからが京太郎にとっての物語の始まりになるかと思います。このままだと、新入部員に京太郎を馬鹿にされ咲さん、タコスがお灸(ゴッ倒し)を据え、京太郎が居辛くなる未来しか見えないです。
Posted by at 2015年02月15日 16:20
>>レベル差を理由に大会終了後に退部して外部協力者になる。もしくは新人育成が出来る学校に転校してからが京太郎にとっての物語の始まりになるかと思います。


2年生編かぁ見てみたいですね。
いまのところは京太郎は麻雀から離れた立ち位置にいるので、麻雀とは違ったベクトルでのエピソードで出番がありそうですね。
Posted by 隣の at 2015年02月15日 21:05
Posted by at 2015年08月31日 15:00

これは自論だが



京太郎は照の舎弟説


照は自分の中学校を、はたまた、周辺地域の学校全てをその圧倒的な雀力で牛耳る女番長であった

また、照には気弱であまり人と会話をしない大人しい性格の妹、咲がいた

そして、母親(酒乱のパチンカス)はその妹、咲によく暴力を振るっていた(主に家族麻雀で勝つと殴られる、お小遣いをむしりとられる→母親はその金をパチスロなどに溶かす)
そんな事もあってか、優しい父親と畜生の母親は毎日のように怒鳴り合いの喧嘩に明け暮れていた

照が中学卒業を目前としていた時、遂に両親は離婚を前提に別居(離婚調停中って言うのか?)する事となる
照は母親に無理やり連れられ東京の白糸台高校に入学させられる
照は思った

「あの大人しい妹の事だ、私が東京に行ってしまっては番張ってた所為もあるし、お礼参りの被害にあったり、虐められたりするかもしれん」

「どーすれば…」

と、そこで思い浮かんだのが、舎弟の須賀京太郎である

須賀京太郎というのは明るく、社交的で、スポーツ万能、そこそこ頭も良く、人望もあり、喧嘩もできる優れた舎弟(後輩)だった
照自身も自分が卒業した後は京太郎に跡を継がせようと思っていた程信頼していた
東京へ、引っ越す当日、照は京太郎を呼ぶ

「京太郎よ、あの大人しい妹、咲が虐められたり、お礼参りの被害にあったりしないよう守ってやってはくれまいか?」

「仰せのままに。照の姉御」

「そして、私が居なくても寂しくならない様、実の兄の様に接してやってくれ」


そう言い残し、照は上京していった



歴代最強とも言われた番長雀士宮永照が居なくなったあとは、酷いものだった

長野の天下を取ろうと躍起になる不良共で溢れかえっていた

人質にしようと、咲を狙う卑劣な者もいれば、ただ単に復讐のため咲の命を狙う者もいた


「もういや」


ただのか弱い少女、咲には耐え難い日々が続いた
しかし

「貴女は照の姉御が残した、伝説の女番長宮永照の象徴だ。私達が必ず貴女を救い、そして守り抜く。どんな困難が立ちはだかろうとも」


そう京太郎は咲に言い聞かせ続け、襲い来る不良共も千切っては投げ千切っては投げ、遂に長野統一を成し遂げた


永きにわたる平和が約束され
魔境長野に平穏が訪れた

「ありがとう、京太郎君」

あの地獄の日々を乗り越え、一回り程しくなっただろうか、そこには笑顔でお礼を言う咲の姿があった


「そういえば、照の姉御にはもう一つ頼まれていました

『私が居なくても寂しくならない様、実の兄の様に接してやってくれ』

と」


「お、おおお兄さん!?同学年でお兄さんは流石に恥ずかしいな…」

以前に比べ本当に表情が豊かになったと嬉しく思いながら、京太郎は言った


「では、お友達になるというのはどうでしょう?咲の姉御」


「ふふ、友達なのに姉御は可笑しいよ…」


そして咲は少し照れくさそうに言った

「…京ちゃん」

「!……では、咲、と呼ばせていただきm

「敬語も禁止!」

「……咲…友達にならないか?」

「うん、よろしくね、京ちゃん」

そう、満面の笑みで咲は言った






後日談

宮永照は白糸台高校の廊下の壁に寄りかかりとある男と電話をしていた

「そうか、咲は麻雀部に入ったのか」

安堵した様に言う
そして、電話の向こうの男は定期報告のように続けた

「ええ、今ではインターミドルチャンプの原村和とも友達になりましたよ」


「遂に、咲にも同性の友達が…」

自分が番長だった頃では到底不可能だったであろう同性の友を得た事に少し目頭が熱くなった

「まぁ、友達どころじゃ無いかも知れないっすけどね」


「なっ、どーゆうことだ!?」

「お、落ち着いてください」

男は突然電話の向こうから聞こえる慌てた声に少し驚いた

「テルー、誰と電話してるのー?」

女の子が照を呼ぶ声が聞こえた

「淡、ちょっと待ってて」

淡と呼ばれた女の子は少し待ちくたびれた様に電話中の照に話しかける

「早くー」

「ははは、早く打ちに行ってあげて下さい」

「お前なぁ…」

短めのため息を吐いてから照は言う

「…咲を頼んだぞ、須賀京太郎」

「お任せください。照の姉御」




補足

咲が一度、照に会いに行った時は畜生母親に合わせないようにとの配慮だったのかもしれない

麻雀の同じ卓につく事によって母親も干渉させずに合法的に話し合えるから全国を目指しているのかもしれない












Posted by at 2015年08月31日 16:46
あ、誤字見つけたんで

一回り程逞しく


です


すみません
Posted by at 2015年08月31日 16:51
>>照は自分の中学校を、はたまた、周辺地域の学校全てをその圧倒的な雀力で牛耳る女番長であった

ちょっと冒頭から何言ってるのかわかんないですwww
けれど、照と京太郎の面識は気になるところです。咲と京太郎の仲が深まった裏に照が関係してるのかもしれないですね。

あと、フラッシュバックーのシーンから話数が進んでいるので、照と咲の確執関係の記事はまたいずれ書いてみようと思います。
Posted by 隣の at 2015年08月31日 22:12
福山さん好きです(*^▽^*)ルルーシュだし
Posted by シオン at 2016年10月16日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック