アニメ阿知賀編 最終話 感想
2013年06月10日

アニメ阿知賀編 最終話 感想

atiga16_1.jpg
すばらです!

106_4.jpg
左から2番目の子ですね。原作から更におもち率が上昇。
白ニーソ、ロリ、巨乳、メガヒットの贅沢盛り!
成香ちゃんの小動物キャラが無ければ、確実にこの子が有珠山の別の意味でのエースだと思われていた、期待の新人。
キャラクターの予想としては、これまでのミニマムキャラは、衣や胡桃のように、難しい言葉や厳しいツッコミなど、子供とは思われたくない、より自分を年上的な存在でありたいとする内面が見られる傾向ですので、種島ぽぷらの「ちっちゃくないよ!」な主張を、性格に加味してくると思われます。

願わくば、この子が次鋒でありませんように。
これ以上キングクリムゾンが発動して、キャラの魅力がスルーされることになると、
全国でワカメの不買運動が起こりかねないw


他にアニメオリジナルとして、竜華の能力が描かれていました。

対戦者の、熱、鼓動、息遣いを読み取る瞳。
atiga16_2.jpg
SSSならぬ、SGR(サーモグラフィ竜華)ですね。
「ここに怜を感じる」とは、能力者だったからで、決して百合の末期症状では無かったのですw
ステルス桃などを感知して無効化できそうですが、やはり牌を支配する能力者とは相性が悪そうです。
大阪は選手層が厚く、ストーリー的にも竜華の個人戦出場は無いと思いますが
対戦者の動向を読み取る瞳は、福路 美穂子と似た系統なので、個人戦でキャプテンが支配系能力者に小走状態にされ敗退、
悔しさの涙を流す美穂子を、久が優しく抱きしめるという、美味な未来が見えたw

竜華の能力披露はアニメだけで終らず、今後の咲日和の千里山編などで
メンバーで焼肉を食べに行って
竜華がサーモグラフィを発動「そろそろ食べ頃やで」
怜「便利やな、それ」
など、ネタとして扱われそうですね。

くれぐれも、
竜華が京太郎の股間をサーモグラフィする薄い本は厳禁です
訳:宜しくお願いします。

posted by 隣の | Comment(4) | TrackBack(0) | 阿知賀編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「初期の和⇒今の和」を上回る圧倒的増量ぶり・・・!
咲世界の背低い子は絶壁がデフォだったので、初のロリ巨乳として期待大ですな!

あと、キャプテンはシロ、やえさん、セーラ、哩さん、憩ちゃんあたりと同卓して欲しいですね。
団体戦で仕事したけどチームは敗退した人繋がりで。
Posted by 成香ちゃんを舐るように味わいたい人 at 2013年06月10日 21:10
>>成香ちゃんを舐るように味わいたい人 さん

キャプテンは牌の能力者に当たる前に、セーラとかと対戦して地力で勝負する麻雀を見てみたいですよね。

あと、成香ちゃんは、はやりん推薦の有珠山フラグとか、片目とか、全く触れることなく最後まで「可愛いかったなぁもう!」てなりそうな流れですねw
Posted by 隣の at 2013年06月11日 01:25
僕はガイトさんと絹ちゃんがアニメで見れただけで満足でございます。
(有珠山の子見見逃したなぁ・・・)

それはそうとして今回の竜華が地元千里山を語る最後のチャンスだったので無理やりネタを絞り出してみました。

千里山女子の校舎として描かれていた小学校には一時期SF作家の筒井康隆氏が在籍していたのですが、最終回の竜華はさながら「怜にかける(不発)少女」といった趣でしょうか。
氏がSGRっぽい描写がある小説を書いてたら良かったんですがー。
Posted by 久しぶりのPTAの人 at 2013年06月12日 00:48
>>久しぶりのPTAの人 さん

「怜にかける少女」と、時が見える能力、そして千里山の校舎モデル。立先生の事だからそこまで考えてやってそうですね!

個人戦は千里山から怜かセーラ辺りが出てくると思うので、まだ活躍が描かれる機会あるかもですよ〜
Posted by 隣の at 2013年06月12日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365844020

この記事へのトラックバック