2013年05月26日

不発

huhatu.jpg
今月も新連載の情報は無し

阿知賀編最終話はニコニコ動画待ち、咲日和はコミック派な人が多いので
その方々にとっては、25日は何も無いいつもの日常でしたw

ビックガンガンでは、毎月新連載企画の告知に、あぐり先生を含む4名の作家が記載されていますので、 最速で来月告知で7月連載、最遅でも9月告知10月連載には新作が始まるようです。

気になるのがスピンオフのアニメ化ですよね。
雑誌コミックを売るためのメディア展開ですから、原作の掲載中にアニメ化する必要がありますので、
連載開始が遅くなると、1月のアニメ化ではスケジュールがタイトで、春になれば全国編と被ってしまいます。
少なくともアニメ化は来年夏以降だと読める。
更に、阿知賀編は20話掲載でしたから、それと同じスケジュールとなると、

条件1:原作は全20話
条件2:原作が掲載中にアニメ化され、連載終了と放送終了の時期を合わせる
条件3:春は全国編と被るのでタブー


連載開始の月から、20話と各シーズンクール開始を逆算すれば、おおよそのアニメ化時期がわかると思います。
例えば2013年7月なら、全国編時期を除き、20話を迎える頃合となる、14年の秋か冬のいずれかという具合。
告知が待ち遠しい限りです。


スピンオフとして、阿知賀編と同じ仕掛けならば、どこかで本編とリンクしているはず。
まだ明かされていない、和たちが穏乃の試合を見に行く際に、駅で出会うことになる「誰か」。
saki_2ki3.jpg
海へ出かける宮守と永水たちか、はたまた新作との絡みなのか
どちらのパターンでも、この段階から既に遥か先の展開が組み込まれていた製作サイドの裏側を垣間見れる興奮と、 物語的に清澄と面識が生まれるわけで、そこから新たな伏線が発生するわけですから、 何気に非常に楽しみな場面です。

しかしながら悠長に待ってはいられない。
本編原作は未だ準決勝の先鋒戦なので、
阿知賀と決勝を迎える頃には、清澄の声優さんたちがリアルでアラフォーになっていたり、
はやりんのように「この声きついな・・」なんて言われたり、
スピンオフが荒川憩などの個人戦絡みだとしたら、本編に絡む頃には「この人まだ声優やってたんだ・・」みたいな事態に陥りかねないw

急いで欲しい。中の人の為に!



posted by 隣の | Comment(0) | TrackBack(0) | 咲<ネタ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。