2016年04月25日

シノハユ第32話 かわいすぎさくら


shinohayu32_1.jpg

河杉さくらちゃん可愛過ぎ!
河杉の苗字からして「かわいすぎ」


なんかこう、巫女さんの衣装とか似合いそうな子だよね。


さくらちゃんのキャラ、最近どこかで見たことあったなと思ったら


shinohayu32_2.jpg

「くまみこ」だw
さくらちゃんも島根の山奥で熊と戯れていて欲しいですね

2年前の小学生大会で会っただけのに、一瞬であの子だとわかる慕ちゃんの記憶力も何気に凄い。
しかも彼女の打ち筋までしっかり覚えています。
閑無のときは「多目的室」だったのにねw


兒生、雫、さくら、と小学生時代にチョイ役で登場したキャラがどんどん再登場を果たしています。
向村くんへの期待値が天井知らずですw


こうなると、次は誰だ!?と気になりますよね。


立先生のサイトで紹介されていた、第一話の湯町小の教室で、
紙で作ったチェスで遊んでいた男子の杉谷くん古川くんの2人が中学生になって、
慕をめぐって三角関係になるラブコメを見てみたいところですが、
百合の楽園である咲では既に存在すら抹消されている気がしてなりません。


女の子限定で考えると、
名前が判明している夏祭りの迷子「さゆりちゃん」

shinohayu12_6.jpg

牌のマジックで泣き止んで、はやりんのアイドルの姿を見て、明らかに影響を受けているであろう彼女が どんな少女に育っているのか、今からチェックしておきましょう。



さて、試合は曖奈が圧倒の展開。


湯町中の慕、万原中の曖奈、魚瀬中のさくら、の3人にスポットが当たっているせいで蚊帳の外になっている第六中ですが、
名も無き褐色少女もなかなか良い味出してます。

shinohayu32_3.jpg

ちなみに次鋒戦の選手はこんな子。

shinohayu32_4.jpg

第六中のカラーがなんとなく見えた気がするw

副将戦のキャラが今から楽しみです。

posted by 隣の | Comment(3) | TrackBack(0) | シノハユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月01日

咲-saki-第157局 エンドレスナイト

157_1.jpg

でた!ポンポンプレイ

優しさであり抱擁であり甘えでもある、大人の女性ならではの所作。
どんなに屈強で硬派な男だろうと、これやられたら骨抜きになるよね。
寄り添って肌を触れ合っていたい、体温を感じていたい、
この幸せな瞬間にいつまでも包まれていたい
おっぱいとかお尻とは違う次元にある欲求なんだ。
可愛いは正義だけの子供には出せない魅力です。
石戸霞さんを除く高校生では到底真似できませんよ。
28歳の慕と耕介にもこんな時間があって欲しいものです。


監督への報告を終えた帰りに出会ったのは、同じく決勝への切符を手に出来なかった千里山の竜華さん。

末原さんと竜華という珍しい組み合わせです。

157_2.jpg

大阪勢同士で親交がありそうにみえるけど、
「末原さん」「清水谷」とお互いを苗字呼びしており、
メンバーのことも、怜と言わず、ウチのエースと言ったり、
洋榎は名前呼びで、セーラを江口と呼んでいることから、
同じ大阪の同学年で3年間顔合わせしているから会話はするけれど、
愛宕姉妹とセーラみたく年賀状を送り合うほど親しくはないようです。

イスに腰掛けている2人の距離が、互いの関係性を示しているのでしょうね。

ただ、このシーン。アニメ化されたら、ちょっと不安なんですよね

関西出身の声優を起用した末原さんと
バスが出ルデーでお馴染みのナンチャッテ大阪弁の竜華さん

真逆な2人の大阪人による、青春の全てを捧げて敗れた涙を誘うシーン

笑ってはいけないインターハイ24時みたいだw



さて、姫松のエピソードが終り、いよいよ決勝へ

と思ったら


157_3.jpg

ここでくるんかサービス回w

清澄・和の両親・はやりん・西田記者・姫松・千里山
そして宮守に永水。
これもう主要な高校の前夜エピソード全部描く気だねw
エンドレスナイトは暫く続きそうな気配。

ということは、永水の次はいよいよ新道寺だよね!?

哩さんが言っていた「先生」は新道寺の監督なのですが
ややこしいことに教師ではないのです。いずれ書く機会があれば。

くるでーくるでー


posted by 隣の | Comment(8) | TrackBack(0) | 咲<感想> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。